iPad miniを待ち望んでいた人にとって、新しいiPad mini (2019)を買わない理由がない

iPad

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPad miniが約4年ぶりにリニューアルされました。その名も「iPad mini」(iPad mini 5と呼ぶべきか、iPad mini (2019)と呼ぶべきか…)。

搭載しているCPUは、なんとiPhone XSと同じA12 Bionicです。今のところ最新で最強のCPUです(A12Xは除く)。

さらにApple Pencil対応(第1世代)です。

ディスプレイはフルラミネーションでTrue Tone対応、広域色(P3)対応、反射も抑えられ500ニトの輝度と明るく非常に綺麗な画面表示となっています。

カメラは8Mピクセルであまり性能はよくありませんが、何か写真を撮りたいときには十分なスペックでしょう(メインで使うにはちょっとスペックが低い)。

重さは300gと、タブレットとしては非常に軽量です(iPhone XS Maxは200gあります)。

価格は64GBのWi-Fiモデルで税込みほぼ5万円です。

何が言いたいのかというと、iPad miniを待ち望んでいた人にとっては即買い端末です。

迷う必要はありません。お財布と相談して問題なければ今すぐ買っちゃいましょう。

iPad miniにあまり興味のなかった私でもすごく欲しいと思った端末です。

今回のiPad miniはかなり売れそうな気がしています。

コメント