iPhone の Suica が「移動中」のままとなってしまう場合の対処法

Apple Pay
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhone で Suica を使えるのって本当に便利ですよね。

しかしソフトウェア上で動作しているためなのか、時々うまく動作してくれないときもあります。

特に困るのが電車で利用するときです。改札への入場・退場ともに問題なく動作したはずなのに、なぜか Suica の状態が「移動中」のままとなってしまうことがあります。

これはおそらくソフト側でうまく更新できていないからだと思います。このような状態になっても内部的には(NFCのハード上?)きちんと処理できているっぽいです。

ただ、いくら内部的にはきちんと処理できているとしても、我々は画面表示からしか判断することができません。この表示が出続けるのってちょっと気持ち悪いですよね。なのでこの状態になった場合にはさっさと解消してしまいましょう。

解消する手順は簡単です。

  • 「Wallet」アプリを開く
  • Suicaを選択
  • 右上の三点リーダーを選択
  • 「ヘルプモードをオンにする」を選択
  • Touch ID か Face ID で承認する
  • ヘルプモードになりますが、そのまま何もせずに閉じる

これで完了です。Suicaの状態が更新されるはずです。

これは不具合なのか、あるいはどうしてもiOSとNFC側とのやりとりがうまくいかない場合がありこの状態が発生してしまうのかはわかりませんが、できれば発生してもらいたくないですよね。

「移動中」のままだと、「もしかしてちゃんと改札通過できてなかったのかな。次の入場時にエラーにならないかな。」、という余計な心配をしてしまいますからね。

基本的にきちんと改札通過できていれば問題ありません。私はこの症状幾度となく発生していますが、特に問題となったことはありません。

この状態を解消せずとも次回の改札入場時にきちんと更新されますが、気になる方はこの方法を用いて解消しておきましょう。

コメント