薄毛にはやはりミノキシジルしかないのか。。。

育毛・発毛
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

本日は久々の薄毛ネタですw

以前に「若ハゲ紀行」という記事を書いているので、そちらを参考にしていただければと思います。

さて、若ハゲ紀行の結論としては、ミノキシジルとキャピキシルの併用が一番効果があるとしました。

しかし、この併用生活を続けていたところ、あまり効果が見えなくなってきた、いやむしろ薄毛が進行しているような状況となってきました。

加齢と共に薄毛が進行してしまうのは致し方ありません。私も、もしかするともうこれが限界なのかもしれないと思っていました。

しかし薄毛に対して大学時代、いやむしろ浪人時代から取り組んできた私がこんなところで諦めるわけにはいかない。大学生の時の暗黒時代を続けるのはもう嫌だw

今までの経験上、頼りになるのはミノキシジルのみです。

なので、キャピキシルの使用は週一回程度に留めることにし、それ以外はミノキシジル配合の発毛剤を使用することにしました。ミノキシジルは濃度が高ければ高いほど効果があると言われています。そのため現状では最大濃度であるミノキシジル16%配合の「フォリックスFR16クリーム(ミノキシジル16%)」を使うことにしました。これは個人輸入しないと手に入れることはできません。しかし薬局とか病院に行く必要はないので、個人輸入と言えどもハードルは低いです(ネットで注文するだけなので)。ただし個人輸入で使う場合は完全に自己責任となるので、そこはお気をつけください。

さて、しばらくフォリックスFR16クリームを使い続けていたところ、悪くないです。これはクリーム状であるため、ローションのものと比較しても髪の毛がバリバリになるということもありません。むしろこのクリームを塗ったおかげで、朝は髪の根元のボリュームが保たれて、逆にいい感じになったりしますw クリームなのでちょっとベタつきますが、そこは朝起きた後にでもティッシュオフしてください。

そしてある日、会社に行こうと玄関に向かうときに妻から言われました。

「だいぶフサフサになってきたんじゃない?」

うちの奥さんは突然こういうことを言ってくるので、びっくりしつつもちょっと嬉しくなりますw 確かに自分でも少しは良くなってきているような感じはしていました。それが客観的に他の人から言われると、勘違いではないと思うことができ嬉しくなります。そうなるとモチベーションも上がり、これからも続けようという気になります。

薄毛への対応は非常に時間のかかるものです。最低でも半年程度は続けないといけません。基本的に年単位で頑張る必要があります。なのでモチベーションというのは非常に大切になります。

私は大学生の頃からもうだいぶ対策をしてきて、お風呂上がりから寝る前までの間に発毛剤を塗ることは完全に習慣化されているため、モチベーションとかはあまり関係なくなっています。しかしやはり効果が出ると非常に嬉しくなります。

結局のところキャピキシルの使用を抑え、フォリックスFR16クリームを塗り続けてこのような結果が出たということは、やはり発毛にはミノキシジルが一番ということなんですかね。

これは体質にもよるものかもしれませんが、発毛剤として唯一認められているミノキシジルのパワーは素晴らしいものがあります。個人的には非常にオススメですが、副作用もあるみたいですので、心配な方はきちんとお医者さんにかかることをお勧めします。

私がいつも利用している個人輸入サイトのiDrugStoreへのリンクを以下に貼っておきますので、ご参考にしてください(画像がリンクになっています)。メルマガを登録するとクーポンが毎週のように届いてお得ですよ!

コメント