電子書籍を本気で読むなら、Kindleなどの電子書籍専用端末を使いましょう

読書
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

私は読書好きで、最近は基本的に電子書籍で本を読むようにしています。

理由は、本を買うと場所を取るというのと、電子書籍はセールをよく実施していて安く買えるからです。

まずは、私の考える電子書籍のメリット・デメリットを列挙します。

メリット

  • 場所を取らない
  • 何冊でも持ち歩ける
  • セールで購入すると半額くらいで買える
  • どこでも気軽に片手で本が読める

デメリット

  • セールだとつい買いすぎてしまい、消化不良となってしまう
  • ひとつの端末で複数の書籍が読めるので、集中力がそがれる
  • 紙の本で読むより、頭に入りづらい感じがする
  • お金を払ったのにモノとして残らない(これは人によってはメリットですかね)
  • スマホで読むと光で目が疲れる
  • 電子書籍を提供している会社が潰れると、今まで購入したデータがどう補償されるのか不明

結構デメリットありますよね。

まずはメリットを上からひとつずつ。

場所をとらなければ大きな本棚は不要となります。そのため部屋のスペースが確保できます。

何冊でも持ち歩けるのはいいですよね。分厚い本でも文庫本でもなんでも端末に入っています。

セールは本当によく実施しています。紙代や印刷代がかからないので環境にも優しいです。

端末がひとつあれば、それが自分の図書館となります。

次にデメリットについて。

セールで安く買えるのはすばらしいことです。でも安いから今すぐは不要だけどついでにこれも買っておこうとなると、かなりの本を購入してしまいます。結果的に読み終わる前に次のセールが始まりまたそこで新しい本を購入してしまう、という悪循環に陥り、どんどん未読の本が増えていきます。超積読状態となります。

ひとつの端末でいろいろな本を読めるのはいいのですが、本を読んでいる最中についつい別の本に手を出してしまう、ということが起き、読み方が中途半端になってしまうことがあります。

電子書籍をしばらく読んでから久しぶりに紙の本に戻ると、ものすごい本を読んでる感があります。やはり「活字を読む」となると紙の本は最強です。そして本の所有感が半端ない。

電子書籍を購入すると、もちろんその本は読めるようになるのですが、物理的にモノとして残りません。あるのはデータだけです。久しぶりに紙の本を手に取ると、「やっぱり紙の本として欲しい!」という気持ちになります。そして紙の本を読むとなぜか非常に落ち着き集中できます。

電子書籍をスマホで読むと、光によって目が疲れます。そしてメールやアプリなどの通知が非常に邪魔です。あと、ちょっと前のページに戻りたいと思った時の操作が面倒です。電子書籍だと紙の本みたいにパラパラできませんからね。

そして考えないといけないのが、電子書籍を提供している会社についてです。その会社が潰れると、今まで購入した電子データは使えなくなる可能性が高いです。その場合、購入した分のお金を返金、あるいは物理的な本で代替してくれるのであればいいのですが、潰れるということはお金がないということなので、泣き寝入りする可能性があります。そのため電子書籍を購入するときは、大手を選ぶべきです。私は Amazon と honto の2つを使っていますが、ほとんどAmazonで購入しています。Amazonであれば潰れる可能性は非常に低いと思っているため、また電子書籍専用端末であるKindleがあるからです。

デメリットについての記載が多くなってしまいましたが、電子書籍はそれだけリスクがあるということです(いい意味も含めて)。

私はそれでも今後は電子書籍メインでいきますが、これだけは伝えておきたいということがあります。

それは、電子書籍をメインで使うのであれば、電子書籍専用端末を使うということです。

先にも書きましたように、私はKindleを持っています。使っているのは、今は廃番となってしまった Kindle Voyage です。

Kindle Voyageが廃番となってしまったのは、おそらくKindle Paperwhiteとの差別化が難しくなってしまったためだと思いますが、Kindle Voyageはチョー最高の端末です(笑)両側にページ送り・戻りボタンがあり、ボタンは出っ張っていないため非常に使いやすい端末です(Oasisは最上級端末ですが、ボタンが出っ張っている)。

電子書籍専用端末を使うことを推すのは、目が疲れない、そして紙の本を読んでいるように本当に読みやすいからです。

読みやすいのは画面の形と大きさもあります。最近のスマホは縦長が主流ですが、やはり本はある程度横幅がないと読みづらいです。Kindle端末は本と同じように横幅も十分にありますので、本を読むためにはすばらしい端末です。

ページ送りなどの動作については非常にもっさりしていますが、活字を読むだけなら全く問題ありません

電子書籍をスマホで読んでるけどイマイチと思っている人は、いったん騙されたと思ってKindle Paperwhiteを購入してみてください(より安い無印Kindleは解像度が悪いためお勧めしません)。それを使ってしばらく電子書籍を読んでみれば、考えが変わると思います。

電子書籍が絶対にお勧めとは言いません。むしろ、持ち運びのことなどを考えなければ、間違いなく紙の本の方が優れています。

ただ、ここで言いたかったことは、電子書籍を読むなら電子書籍専用端末を使いましょう、ということだけです。

長々と書いてしまいましたが、一緒に知的好奇心を刺激する読書ライフを楽しみましょう!

[amazon_link asins=’B07HCSQ48P,B07L5GK1KY’ template=’kaereba’ store=’komekomegaryu-22′ marketplace=’JP’ link_id=’99095f11-1da0-4819-ada2-ef36aa9e5ec6′]

コメント