iPhone XR って実は結構おすすめ機種かもしれない

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

2018年に発表されたiPhoneに、iPhone XRという機種があります。これはスペックや価格の面から考えると廉価版iPhoneと言うことができます。

しかし廉価版だからと言って手を抜いているようには見えません。むしろXSよりも力を入れたのでは、と思っています。

まずスペックですが、iPhone XS / XS Max との相違点を見ていきます。

  • XRは画面ピクセル数がXSと比較して少ない。つまりXSより少し粗くなる。ただし、粗くなると言ってもピクセル密度はiPhone 6/7/8と同じ326ppi
  • XRは画面が液晶、XSは有機EL(OLED)。ただし、液晶だからと言ってあまり気にする必要はないと思う。iPhoneの液晶画面はOLEDに負けないほどキレイ。
  • XRの画面の大きさは6.1インチ。無印XSの5.8インチよりも大きい。
  • XRはカメラがシングルレンズ。ただし、シングルレンズでもポートレートを取ることができる。
  • XRは3D Touch機能がない。しかし3D Touchは2019年のiPhoneで廃止されるという噂もある。
  • XRは側面がアルミ仕様。XSはより高級感のあるステンレススチール仕様。見た目だけの違い。
  • XRのベゼルはXSと比較すると多少厚め。
  • XRのバッテリー持ちはXS Maxよりもいい。
  • カラーバリエーションが多い(レッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー)
  • XRの防沫性能、耐水性能、防塵性能はIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)。XSはIP68 (最大水深2メートルで最大30分間)。ただし普段使いでこの差はあまり気にする必要はない。

XRとPlusの大きさ比較

逆にXSと同じ点について。

  • CPUは A12 Bionic で共通
  • Face ID モジュールは共通
  • Face ID モジュールが共通なので前面カメラも同じ
  • 背面カメラはシングルレンズだが、XSの片方のレンズと同じ
  • 背面はガラス仕様で共通。つまりワイヤレス充電可能

こう見ると、なんだかあまり廉価版って感じがしないスペックですね。CPUはXSと同じA12 Bionicを搭載しているので処理能力は同じです。いや、むしろ画面表示の処理速度に関してはおそらくXRの方が優れていると思います。その理由はピクセル数がXSよりも少ないため、その分画面表示処理の負担が減るから。

うん、最新のiPhoneを使いたいという理由しかないのであればXRで十分な気がします。iPhoneは最高スペックのものを使いたい、という人は問答無用でXSを選びましょう。スペックはあまり気にしないけどとりあえずiPhoneじゃないと嫌だ、という人はXRで十分だと思います。

XSが欲しいけど高すぎ!という人もXRを候補に入れるのはありだと思います。

なかなか悩ましいモデルを出してきましたね。

コメント