iPhone X の操作性や表示について

Apple
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhone X を買っていませんが、iPhone X の操作や表示などで気になった点について少しお話したいと思います。

iPhone X になって大きく変わったのは、やはりホームボタンがなくなったことですよね。
iPhone初期からあった、あの慣れ親しんだホームボタンがついになくなってしまいました。
それに伴い、指紋認証であるTouch IDもなくなりました。
おそらく、このままTouch IDは廃止の方向で行くのではないかと思っています。

Face IDだけでなくTouch IDも搭載して欲しかった、という記事もたくさん見受けられます。
私も同じ意見です。
iPhone Xが発表されるまでは色々な憶測が飛んでいて、Touch IDは画面埋め込みだ、いやそれは技術的に無理だから諦めた、のような記事がありました。
最近になってAppleの役員が、Touch IDとFace IDの共存はそもそも考えていなかった、ということも言っているそうです。

一体何が本当なのかわかりませんが(技術者として、Appleも技術的に無理だったとは言いたくないでしょう)、Touch IDの画面埋め込みというのは難しいのではないかと思います。
またセキュリティ的に考えてもFace IDとTouch IDを両方つけてしまうのは、よくないのではないかとも思います。
指紋でも顔でもどちらでも認証できるというのは、認証できる可能性が高くなってしまいますよね。
どちらの認証も必要、というのであればセキュリティはより強固になりますが、そうなると今度はユーザビリティが悪くなると思います。
Appleとしてはユーザビリティを確保しつつより高度なセキュリティを保つ、そこでTouch IDよりFace IDだ、との結論に至ったのではないでしょうか。

今後はひとまずFace IDで開発を進める、というのであれば、iPhone Xの全面上部のカメラ部分についてはどうしても必要なスペースとなるでしょう。
そのため完全な全画面表示というのは、すぐには達成されないと思われます。

このデザインは賛否両論あるようですが、私はあの切り抜き部分はうまく活用できていると思います。
両サイドにあいたスペースに時刻や電波強度、バッテリー残量などを表示することで、今までも画面上部はそれら表示のために使われていたので、切り抜きがあっても特に問題はないのではないでしょうか。
横画面のゲームではその部分は邪魔かもしれませんが、うまく両サイドのスペースを何かの表示(ちょっとしたインジケーターなど)で活用すれば良いと思います。

ただ、バッテリー残量のパーセンテージ表示をホーム画面で見れなくなったのは、ちょっと残念ですね(コントロールセンターを開けば表示されます)。
設定で電池表示かパーセンテージ表示どちらかを選べるようにして欲しかった。
今後のアップデートでこの選択ができることを期待します。

あと、コントロールセンターの表示については、今まで画面下からスワイプアップすれば表示できたのが、画面右上からスワイプダウンしないと表示できなくなったのは、少し使いにくくなった部分ですかね。
iPhone XはiPhone 6/7/8 をちょっとだけ大きくした大きさですが、この使い方からして片手での操作は諦めた方がいいでしょう。
まあ本当に片手だけで操作したいのであれば、iPhone SEを買うしかないですかね。
すでにiPhone 6/7/8 の大きさでは片手だけ、というのは少し無理が出ていました。
高価なものですので、無理せず両手で使うのがいいと思います。

色々と書きたいことはありますが、今回はこのへんにしておこうと思います。

iPhone Xの操作性や画面表示については、今後のアップデートに期待です!

コメント