dretec 赤外線体温計 TO-300 購入とその使用感

レビュー
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

突然ですが、体温を測るのって少し面倒ですよね。体温計を脇に挟んで測り終わるまで待つ時間が微妙に長く感じたり、うまく挟めていなくてきちんと測れていなかったり。特に高熱の時は体温計を脇に挟んで測ることすらつらいときがありますよね。

あとは赤ちゃんの体温を測る時、これは普通の体温計だと大変。

そんな全てのことを解決してくれる体温計を購入しました。タイトルにある通り、購入したのは dretec の赤外線体温計「TO-300」です。少し前になりますが、Amazonのプライムデーで普段より600円程安くなっていたので購入しました。

スポンサーリンク

使用感

もう本当にあっという間に体温が測れます。非常に便利。額と耳の穴でそれぞれ測定することができます。

額で測定するときはアタッチメントを付けた状態で額に軽く当てて電源ボタンを押します。そうするとすぐに測定完了!体感的には1秒程度で終わります。

耳の穴で測定するときは、アタッチメントを外すと耳の穴に入れやすい大きさになりますので、その部分を耳に軽く入れてボタンを押すだけですぐに測定完了です。アタッチメントを外すだけで自動的に耳での測定モードとなります。

あと、体温以外にも周囲の温度を測定する機能が付いてます。まあこれはあまり必要ないかなと思っています。

注意事項

写真では0.1度しか違いませんが、額と耳とで若干測定結果が異なります。そのため何度か測定して額と耳での平熱をそれぞれ把握しておきましょう。と言いつつ私はまだそこまで測定していませんが。

あと、この体温計には時刻を設定できる機能があるので、折角なので設定してみました。時刻を設定すると現在時刻と周囲の温度が交互に表示される仕様となっています。これ、そのうち電源は切れるのかなと思ったのですが、ひたすら現在時刻と周囲の温度が交互に表示され、全く電源の切れる気配がありません。

試しに電源ボタンを押してみたところ、普通に熱の測定モードとなってしまいます。これ、どうも時刻を設定すると現在時刻と周囲の温度をず〜っと交互に表示し続ける仕様のようで、単なる電池の無駄遣いです。しかも一度設定すると、設定を取り消すためには電池の抜き差しが必要とのこと。なんと面倒くさい。。。時刻設定はしないことをおすすめします。

総論

結果的になかなかいい買い物をしたと思います。

体温を測るのって少し面倒なので、基本的には体調が悪いとき、熱っぽい時くらいしか測定しませんよね。でもこのdretecのTO-300であれば、毎日測るのも全く苦になりません。健康管理に気を使っている方、または赤ちゃんや小さいお子様がいる家庭ではこの体温計は非常に便利だと思います。

コメント