iPhone X系の Suica を使って改札をスイスイ通り抜けている人を見かけた

Apple
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

今まで iPhone X の Suica を使った改札通過問題をたくさん記事にしてきました。

メインの内容は、「ピピピピピッ」という一瞬エラーが発生するけど問題なく通り抜けられる、というものでした。しかしながら問題はそれだけでなく、そもそも反応が悪いというのもあります。

私は iPhone 7 のときから iPhone で Suica を使っていました。iPhone 7 は初めてSuica に対応した記念すべき端末です。

初の端末なので色々と問題発生するんだろうなぁ、と当時は思いながら iPhone 7 に Suica を登録し、ついでに定期券も移行しました(いつもながらの人柱)。

しかしながらそんな考えは杞憂に終わりました。

全くもって問題なし。

iPhone 7 は約1年間使いましたが、その期間内で改札通過時にエラーが発生したのは、たしか2, 3回しかありません。逆に反応が良すぎて困るくらいでした。

なぜそんなことを思い出したのかと言うと、先日 iPhone X系(XなのかXSなのかはわからない)を使って改札を通過する人を見かけ、その人が iPhone を改札にかざす姿を見て驚いてしまったのです。

なんと、Suica をかざす場所から 10cm くらい離して改札を通過しようとしていたのです!

改札さんはどんな反応をしたのかというと、瞬時に「ピッ」と反応。

マジかよ!!!

その人のかざし方は何かしら試そうとして故意にそうしているという感じではなく、普段通りな感じでした。

反応がいい端末ってこうなんですね。

「ああ、そういえば iPhone 7 のときはそのくらい反応が良かったな」と思い出したのです。

私の今使っている iPhone X では到底そんなことはできません。そもそも反応が悪いですしね。。。

2019年の iPhone が発売されたら、Suica の反応が良くなっていることを信じて出来るだけ早く買い替えたいと思います。

iPhone X の Suica を使った改札通過問題について(1年半経過)
いつも読んでいただき、ありがとうございます。今まで幾度となくiPhone X の Suica を使った改札通過問題について記事を書いてきましたが、Appleは一向に沈黙を守ったままです。このままで...

コメント