iOS 11 Wi-Fi & Bluetooth の設定

Apple

iOS 11 にして、ちょっとした現象に遭遇していたので、それを書いておきます。

私は1日に一回、寝ている時にしかiPhoneを充電しません。
バッテリーのへたりを気にしているというのもありますが、一回の満充電で1日十分持つからです。
そのため、無駄にバッテリーを使うことがないように、Bluetoothは常にオフ、Wi-Fiは家にいる時以外はオフにするようにしています。

そうしているつもりだったのですが、なぜか勝手にWi-Fiにつながっているという現象に何回か遭遇しました。
オフにし忘れただけなのかと思ってあまり気にしていなかったのですが、今日は確かにオフにしたはずなのにいつの間にやらつながっていました。

さすがにこれはおかしいと思って調べてみると、iOS 11になって仕様が変わっているということを知りました。

    

左から順に、

接続 → 未接続 → オフ

今までと異なり、オンの状態からタップしてもオフにならないのです。
見た目は今までのオフと同じですが、実はこれはオフの状態ではなく、あくまで未接続の状態なのです。
そのため今までつながったことがあるWi-Fiの圏内に入ると勝手にWi-Fiにつながってしまう、ということです。
これが私が遭遇していた現象でした。

そのため本当にオフにしたい時は、「設定」からWi-Fi、Bluetoothのスイッチを明示的にオフにしてあげる必要があります。

コントロールセンターからは、オンや未接続状態からオフにできないみたいです。
ただし、オフの状態からオンにすることはできるので、できれば次のアップデートでコントロールセンターからもオフにできるようにして欲しいな、と思っています。

個人的にはこの部分は今までの方がよかったかなと思っています。

これ、実はiPad Proでも不思議に思っていた現象がありました。
こちらはBluetoothについてなんですが、Apple Pencil が Bluetooth をオフにしているはずなのにつながってしまう、という現象です。
これも実はBluetoothの状態がオフではなく、未接続状態だった、ということで納得しました。
コントロールセンターからオフにしていたつもりだったのですが、ただ接続を切っただけでBluetoothとしてはオンになっていたため、Apple Pencilが再度つながっただけだったんですね。
こちらは逆に便利になったかな、と個人的に思っています。

みなさんの参考になれば幸いです。

AppleiPadiPhone
kkgravをフォローする
スポンサーリンク
モノ好き手帳

コメント