次期 iPhone の廉価版は、iPhone 5c のような位置付けになるのか

iPhone
via KGI
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

次期iPhoneの、廉価版(シングルカメラ、液晶画面、3D Touchなし)については、グレー、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジの5色展開になるのでは、という噂が出てきました。

これはまさにカラフルな廉価版iPhone として発売された、iPhone 5cを彷彿とさせます。

スポンサーリンク

iPhone 5c とは

iPhone 5c はiPhone 5s と一緒に発表された機種です。スペックは一年前のiPhone 5 と同じで、一緒に発表された5s と比較すると価格は安く性能は低いものでした。

残念ながらiPhone 5c はあまり売れたとは言い難いプロダクトでした。今までのiPhone の高級路線とは違い、見た目はポップで若い人向けな感じでした。私は結構好きでしたけどね。

iPhone 5c があまり人気が出なかったのは、Appleが普段提供している高級感がなかったからなのかはわかりませんが、次期iPhone の廉価版が現行のiPhone X と同じようにガラス背面を採用するのであれば、例えどんな色でも見た目に高級感があり、なかなか売れるのではないかと思います。

廉価版iPhone X (iPhone 9となるかも)

画面はOLED(有機EL)ではなくLCD(液晶)が採用されるとの噂ですが、Apple はLCDであっても決して手を抜くことなく、他者をぶっちぎる様な素晴らしく美しい画面を提供してくれます。OLEDでなくとも十分美しい画面になると思います。

そのため、「スペックはあまり重視しない、でもスマホはiPhone じゃないと嫌だ!」という人にとっては最良の端末になりそうな気がします。

スマホはiPhoneじゃないと嫌だ、という人は日本には結構多いみたいで、特に女子高生に多いようです。そういう人はあまりスペックを気にしないようです。「友達とのコミュニケーションにiPhoneが必要」というケースが多いみたいです。

私の場合もスマホはiPhone以外考えていません。ただ単にiPhoneが好きなだけですけどね。そのためAndroidの最新機種が出ても興味がなく、GalaxyやXperiaの最新機種が出ても「ふーん」って感じです。まあ逆も然りなんでしょうね。

iPhone の選び方ガイド
いつも読んでいただき、ありがとうございます。今回は自分に合ったiPhoneの選び方について、iPhoneを長年使っている、そしてスペック大好きな私から、購入を検討するために必要と思われる情報、また...

総論

完全にApple の戦略にやられていますが、選択肢がiPhone しかなければ、選ぶのに悩む必要がありません。人は選択肢が多くなると逆に決められなくなる生き物です。私が悩むのは「いかにして最新のiPhoneをできるだけ安くゲットするか」です。

私は今年出るiPhoneを購入することはありませんが、妻はちょうど2年経つので今年リリースされるiPhoneに機種変します。もちろん、機種変するのはiPhone X Plus(仮称)です。

使っているのを見たら、大きい画面を羨ましがって欲しくなっちゃうんだろうなぁ。

コメント