iPhoneでWi-Fiをできる限り簡単にオフにする方法

iOS
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhoneを使っているときにWi-Fiをオフにしたいことありますよね。

コントロールセンターからオフにすることもできますが、それはあくまでも一時的にオフのような状態になっているだけであり、何かの拍子で勝手に接続されてしまいます。

確実にオフにするためには以下の手順を踏まないといけません。

「設定」→「Wi-Fi」→「スイッチをオフ」

ただしこの方法はステップが少し多く面倒ですよね。

そんなときに使えるアプリがあります。

「ショートカット」というアプリです。

これはもともとは「WorkFlow」というアプリだったのですが、Appleがその会社を買収し、iOSデフォルトのアプリとして生まれ変わったものです。

このアプリを使えば少しは楽にWi-Fiを切ることができます。

やり方は以下。

  • 「ショートカット」アプリ起動
  • ライブラリで「ショートカットを作成」を選択する
  • 検索窓に「wi-fi」と入力する
  • スクリプティングのカテゴリーに「Wi-Fiを設定」というのがあるので、それを選択する
  • Wi-Fiスイッチがオンの状態のショートカットが作成されるので、オフにする

このままだと「名称未設定ショートカット」という名前のショートカットが作成されてしまうため、

  • 右上にあるスイッチ2つのマークを選択
  • 「名前」に好きな名前を付ける。例えば「Wi-Fi オフ」
  • 「アイコン」で好きなアイコンを選択
  • 「ウィジェットに表示」をオンにする

あとはウィジェットに「ショートカット」アプリを表示するようにしてください。

これでWi-Fiをオフにする手順として、以下の手順で済むようになります。

「ウィジェットを表示」→「作成したショートカットをタップ」

「手順が1ステップ減っただけじゃん!」と思われるかもしれませんが、これだけでもだいぶ楽になります。

ぜひ試してみてください。

コメント