iOS 14 の機能まとめ

iOS
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

WWDC 2020 が開催され、iOS 14iPadOS 14 など、多くのことが正式発表されました。

ここでは iOS 14 の機能についてまとめます。

Widgets on the Home Screen

今まではホームスクリーンに決まった大きさのアプリアイコンしか並べることができませんでした。しかしiOS 14 からは、Android のようにウィジェットをホームスクリーンに並べることができるようになります。

どこまで自由度があるのかはわかりませんが、便利に使えるといいと思っています。

App Library

iOS が自動的にアプリを最適なカテゴリにまとめてくれます。そのためこの機能を使えば、よく使うアプリはどこに配置されていてもすぐに使うことができます。

Compact Calls

今までは電話がかかってくると画面全体に通話の通知が表示されてしまい、何か操作をしていた時には作業を中断するしかありませんでした。しかし iOS 14 からは通話の通知はバナーで表示されるため、電話がかかってきても多少の作業はそのまま継続できます。

電話に気づきにくくなるかもしれませんが、使いやすさは向上すると思います。

Picture in Picture

ビデオを見ている時に他のアプリを操作しても、そのビデオは小さい画面で表示し続けることができます。iPad にはすでにある機能ですが、iOS 14 からは iPhone でも使えるようになります。

メッセージアプリの強化

グループでのメッセージ機能が強化されるようです。

その他

マップや Siri 、そして乗り換え案内など様々な機能が強化されるようです。

色々とあり過ぎてここでは紹介しきれませんが、そのうちAppleのホームページでも日本語で見れるようになると思います(今は英語でしか見れません)。

また、AirPods Pro についても iOS 14 から機能強化が図られ、映画館にいるような臨場感溢れる体験ができるようになるとのこと。

正式リリースはまだ先ですが、もしどうしても早く試したいという方は、iOS 14 のパブリックベータ版が早いうちにリリースされますので、それをインストールして楽しみましょう。

しかし、パブリックベータはあくまでベータ版ですので、バグが色々と混入しています。私もパブリックベータを使ったことがありますが、普通に使っていてもそれなりにバグがありますので、使うとしても普段使いの iPhone にはインストールしないことを強くオススメします。過去に使っていた iPhone など、普段使わない iPhone に入れるようにしましょう。

なんだかんだ言って、iOS のメジャーバージョンアップはいつもワクワクします。正式リリースを楽しみにしましょう!

コメント