動く写真、Live Photosを壁紙にしてみよう。そしてLive Photosを使ってみよう!

iOS
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhoneを使う上で少しだけ悩むこと、そう、壁紙を何にするかです。

あまり気にしない人はデフォルトの壁紙をそのまま使う、あるいはプリインストールされている壁紙を使うと思いますが、こだわる人は自分で撮った写真や、どこかのサイトで見つけてきた素材を壁紙にすると思います。

ちなみに、皆さんあまり使っていないかもしれませんが、Live Photosも壁紙にできます。Live Photosとは、iPhoneで写真を撮る時に、シャッターを押した前後それぞれ1.5秒間、つまり合計3秒の動画を記録したような写真が撮れる機能です。

シャッターを押す前1.5秒間も記録できるので、シャッターチャンスを逃したと思っても1.5秒以内にシャッターを押せば、なんとその過去の瞬間を捉えることができるのです。地味に便利ですよ。

Live Photosをロック画面に設定した場合、ロック画面で画面を押し込む操作をすることで(3D Touch)、Live Photosを動かすことができます。

3D TouchのないiPadでは、画面長押しで動かすことが可能です。

ちなみに私は自分の子供のかわいい仕草のLive Photosを壁紙しています。ロック画面で何回も画面を押し込んでひとりにやけています。はい、変態です。かわいいから仕方ないでしょ。

Live Photosは前述したように、1.5秒以内であれば過去の画像を抑えることができますので、実はちょっと便利だったりします。動画のような写真になるので、画面上に表示される写真はiPhoneが自動でその中から切り出して表示してくれます。それが気に入らないのであれば、「編集」ボタンから3秒の画像内から自分がいいと思うものを選んで表示させることもできますよ。

まずはお試しあれ。

参考リンク:Live Photos を撮影・編集する

コメント