ラッセルホブスの電気ケトル購入

レビュー
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

今回、ラッセルホブスの電気ケトルを購入しましたので、使用感など述べたいと思います。

私はコーヒーが好きです。
最近はずっとドリップコーヒーを飲んでいまして、できれば熱々のお湯で入れたいと思っていました。
ドリップコーヒーを美味しく入れるためには注ぎ口が細くなっていることが必要です。
そこで目を付けたのが、このラッセルホブスの電気ケトルです。

様々なレビューをみても好意的なものがほとんどでした。
しかし値段がそこそこします。
一応家電量販店で実物を確認して、思ったより小さく取り回しも良さそうでしたので、購入することとしました。

実際に使ってみると、いいですね。
沸かしたてのお湯でコーヒーを入れる。
しかもこの形状、本当に使いやすくお湯も入れやすい。
先が細いからコーヒー以外の時はお湯を注ぐのに時間がかかるのでは、と思うかもしれませんが全くそんなことはありません。
普通に注げば結構な湯量が出てくるので、コップ一杯にお湯を入れようと思えばすぐに注げます。
沸かす時間もあっという間ですね。
コーヒー一杯分の200ml程度であれば、1分くらいでお湯が沸きます。
そのためお湯を沸かしている間にドリップコーヒーを用意すれば、用意し終わった頃にはお湯は沸いています。

注意しなくてはいけないのは、側面がとても熱くなる事。
そのため、お子さんがいる家庭では注意しないといけないですね。
あとは蓋がちょっと固いところでしょうか。
ここは一応自分で調整できるので、私はペンチを使って調整しました。
ある程度固くないと傾けて注ぐ時に蓋が取れてしまいますので、そこはしょうがないかなと。

 

さて、次は電気代について少し考えたいと思います。

今まで我が家では10年ほど電気ポットを使用してきました。
常に熱々のお湯が使えて、お茶やコーヒーを飲むときにとても便利だったのですが、よくよく考えてみると1日に数回しか使わないのにずっと90度で保温し続けるのって、実は結構な電気代を使っているのでは、と思い簡単に調べてみました。

電気ポットの説明書の仕様を確認すると、1日あたり約1kWh強を使うとのこと、つまり1日あたり約30円の電気代がかかっている計算になります。
つまり1ヶ月で約900円の電気代を電気ポットが占めていることになります。
これ、我が家では電気代の1割強にあたります。
こう考えると結構使っていますね。

電気ケトルの場合は、1リットルのお湯を沸かすのに約3.4円かかるそうです。
我が家では1日に使っても2リットルなので、約7円となります。
そうすると1ヶ月で約210円となり、約700円の節約となります。
1年では8400円の節約になるので、1年で十分電気ケトル代の元が取れてしまいます。

まあちょっとケチ臭い話ではありましたが、こういうところから少しずつ削っていくと、結構なお金の節約になると思います。
電気代は固定費の部類で削れないと考えがちですが、固定費を削ることこそ大事だと思います。
個人的な考えですが、遊興費などの変動費を節約しようとすると、ストレスが溜まったり思考がマイナスになったりと、あまりよくありません。
なので削れないと思いがちの固定費を減らすことを考えるのがいいと思います。
固定費って結構大きいので、がっつり減らせたら結構な節約になりますよ。
例えば新聞を取っているが、あまり読んでいないのであれば思い切ってやめてしまうとか。
あまり使っていないけどなんとなく惰性で、というものはバッサリ切ってしまいましょう。

 

さて、話がちょっと変わってしまいましたが、私はこの電気ケトルにはとても満足しています。
皆さんもぜひいかがですか?
色々な電気ケトルが出ているので、選んでみるのも楽しいと思いますよ。

 

  

コメント