iPhone X 半年間使用レビュー

レビュー

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhone Xを使い始めて早半年以上経ちました。半年使ってみた感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

全般的な感想

iPhone Xはベゼルレスとなった第一弾の端末ですが、完成度はとても高いです。得てしてはじめてリリースされる端末というものは、試験的な色合いが含まれていることがよくありますが(バグが多かったり不便なところがあったり)、iPhone Xはそんなことはありません。

完成されています。

さすがAppleという感じがします。中途半端なものは出さずにいきなり完成されたものを出してきますね。

スタイラスペンについてもApple Pencilという完成形をいきなり出してきました。これはハードとソフトを両方作れるAppleにのみ許された強みはあるでしょうけど、いきなりこんなに完璧なものを出されては、サードパーティにとっては大打撃でしょう。

Appleは製品がきちんと完成されるまではリリースしないイメージがあります。先ほど述べたスタイラスについてもそうで、他社に出遅れてもいいからきちんと製品を完成させてから出す、そんな想いが伝わってきます。

Apple Watch についても同じで、ある時にAppleが時計型端末をリリースする、と噂になり、それを聞いた他社がAppleに先駆けてスマートウォッチをリリースしていました。Appleは他社と比較すると出遅れたリリースとなりましたが、その完成度は高く、現在はスマートウォッチ市場でも独走状態ですね。

Face ID

iPhone Xになって大きく変わった部分は、まずはFace IDでしょう。今まで指紋認証だったTouch IDがきれいさっぱりなくなり、顔認証であるFace IDに置き換わりました。

これはなかなか思い切った決断ですね。今までAppleは古くなったテクノロジーはバッサバッサと切り捨ててきましたが(Macのインタフェース関係が顕著ですね)、ついにそれがTouch IDにまで及びました。

まあ画面埋め込みの指紋認証技術も最近開発されているようなので、今後どうなるかはわかりませんが。

Face IDの精度は素晴らしいです。普通に使って認証失敗することはまずありません。普通にと言ったのは、布団に入って横向きで枕に少し顔が埋まった状態では認証しないことがあるためです。寝ながら使うときはちょっと不便ですね。

Face IDになり、画面のロックを解除してホーム画面を表示する際は、

画面タップ → ホームバーを上にフリック

という操作になりますが、これはちょっと面倒です。Touch IDの場合はホームボタンを押せばそのままTouch IDの認証も済まされホーム画面が出てきて便利でした。

Face IDでも、画面タップしてFace IDの認証が完了すれば、自動的にホーム画面を表示するような設定を増やして欲しいと思っています。

ベゼルレス

iPhone Xはベゼルレス、つまり前面全てが画面という仕様です。ノッチはありますが、前面に物理ボタンがなくなりました。iPhone の今まで親しまれてきたあのホームボタンがなくなってしまったのです。

しかし使ってみるとホームボタンって実は不要だったんじゃないかと思ってしまいます。Touch IDがあれば便利なのは間違いないのですが、ディスプレイに埋め込まれるのであれば物理的なボタンというのは特にいらないのではないか、というのが率直な感想です。

ホームボタンの代わりとなるのがホームバーです。画面下部に横線があり、それを上にフリックすることでホームボタンを押したのと同じ操作となります。

しかしながらソフトウェアで問題があった場合、物理的なボタンがないと何も解決できなくなってしまうので、少なくとも何かしらひとつの物理ボタンは今後も必要となってくるでしょう。電源ボタンや音量ボタンはこのまま存続してもらいたいと思っています。

カメラ

これは素晴らしいですね。カメラの画素数はiPhone 7から変わっていないのですが、なぜか画質は良くなっています。またCPU性能がアップしているため、4K動画を60fpsで撮影することも可能。まだ4K動画の撮影は使ったことありませんけどね。そもそも家にあるテレビが4Kじゃないし。

iPhone 7 Plusから搭載されたポートレートモードはiPhone Xでも相変わらず秀逸です。うまく撮るのはちょっと難しいですが、ちゃんと撮れた時の背景のボケ感は、まるで一眼レフを使って撮影したかのようです。インカメラはTrue Depthに対応しているので、インカメラではより簡単にポートレートでの撮影が可能です。

大きさ・重さ

一応iPhone 6/7/8(無印iPhone)と同じくらいの大きさですが、やや大きいです。また厚みも少しあるため、実際に持ってみると大きいのは実感します。

そして全ての操作を片手だけで対応するのは無理がありますね。前面全てが画面ですので、右上や左上の部分にボタンがある場合はどうしても両手での操作が必要になります。画面を下げる簡易アクセスを使えば片手でも届きますが、無理せず両手で使いましょう。落として壊してしまっては元も子もありません。

重さは、ちょっと重いです。無印iPhoneを今まで使っていた人にとっては、少し長めにiPhone Xを使うと思ったより腕が疲れるのを実感するでしょう。ベゼルレスで画面が大きいため、バッテリーを多く積む必要があるので重くなってしまうのは仕方のないことではありますが、次期iPhone Xではもう少し軽くなるといいかなと思っています。

画面

YouTubeのHDR動画を見たらヤバいです。OLEDのすごさがわかります。iPhone X Plusでこれを見たらもっとすごそう。

iPhoneは相変わらず画面の綺麗さはトップクラスです。OLEDでなく、液晶でも素晴らしいんですよね。私はiPadは、iPad Air 2 と、iPad Pro 12.9 (2nd Gen)を持っていますが、12.9インチの方はAir 2よりも液晶が圧倒的に綺麗です。同じ液晶なのにこんなに違いがあるのか、と思ってしまいます。

これからも最高の画面を見たいのであれば、常に最新のApple製品を購入しましょう。作り込みに対するこだわりが半端ないです。

総論

iPhone X にしたことで後悔はしていません。むしろ買い替えてよかったと思っています。Touch ID についてはできれば今後は画面埋め込みでもいいので搭載されると便利だと思いますが、Face IDがもっと便利になるような方向で進むのであれば別になくても構わないと思います。

次期iPhone X については、噂から全てFace ID搭載端末になるようですので、Touch ID付きの端末から買い替えるつもりの人は、一旦Touch IDは諦めるしかなさそうです。

最後に、iPhone X のSuica の改札通過問題だけはどうにかしてください、Appleさん。

[iOS 11.4] iPhone X の Suica を使った改札通過時の問題
いつも読んでいただき、ありがとうございます。iOS 11.4 がリリースされましたので、iPhone X の Suica での改札通過問題が解決されているのか検証しました。が、、、検証する間で...

コメント