「MacBook Pro (Retina, Mid 2012)」のサポートが終了された模様です。。

Mac

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

私が愛用している初のRetina Display 搭載のMac である、「MacBook Pro (Retina, Mid 2012)」のサポートがついに終了されてしまったようです。

このモデルは、「ビンテージ製品とオブソリート製品」というカテゴリに追加されたとのこと。

ちなみにビンテージ(Vintage)の意味は「年代物」、オブソリート(Obsolete)の意味は「旧式の」という意味です。

オブソリートになってしまうと、Appleのサポートが受けられなくなってしまいます。そのため、例えばバッテリーがダメになってしまった場合、Appleの正規店でも交換してくれません。

うーん、このハードは個人的には気に入っているんだけど(グラフィックス性能は弱いけど)、やはりそろそろ買い替えを考えなくてはいけないのかな。また、macOSについては今秋リリースされる「Mojave」には対応してくれるみたいだけど、オブソリートになったということは、来年のmacOSには対応しない可能性が高いですね。

でもできればこのMacがダメになるまでは使い続けたいと思います。

PC (MacBook Pro) の買い替えを考えてみる
いつも読んでいただき、ありがとうございます。私が使っているPCは、2012年に発売された初のRetina画面を備えた15インチMacBook Proです。発売されてから結構すぐ買いましたので、すで...

コメント