MacBook Pro「Mid 2012」「Early 2013」モデルのバッテリー無償交換

Apple
スポンサーリンク

私が使用しているPCは、MacBook Proの”Mid 2012″です。
タイトルにあるように、バッテリー無償交換対象です。

ただし、バッテリーが「正常」ではなければ、の話らしいです。
私は確認して見たところ、「正常」でした。。。残念。。

なお、確認方法は以下になります。

画面左上のアップルマーク
→このMacについて
→システムレポート
→画面左側にある「電源」項目
→画面右側にある「状態情報」の「状態」を確認

ちなみにこの”Mid 2012″とは、MacBook初となるRetinaディスプレイを搭載した第一弾の記念すべきモデルです。
第一弾目だったので、色々と不具合とか、動作がモッサリだったりとかあるんだろうなー、と思いつつ思い切ってポチりましたが(確か約20万円)、未だにバリバリ元気で普通に使う分には全く問題なし。

ただし流石に4K動画の再生は厳しいです。
また、フルHDの再生でもファンがガンガン回り出します(CPU使用率は20-30%くらいなんですけどねぇ)。

2012年のモデルなので、今に比べるとGPUのスペックがかなり低いんでしょうね。
GPUはある年から突然注目され、ガンガンスペックアップしていってますからね。

ただ、CPUはGeekBenchのベンチマークでもまだ”11000″位の値を叩きだすので、普通に使う分には余裕の性能です。
あと、このMacが初Macなのですが、Windowsと異なり、使い続けても全然重くなったりしませんね。
すでに5年も使用しているのですが、全く遅くなりません。
これを使う前に使用していたWindows PCは、5年もしたら見るも無残に遅くなって、起動だけでも数分かかったり、何かアプリを立ち上げるだけでもイライラが溜まるくらい時間がかかったり。。。
もう、Windowsには戻れない気がします(もちろん会社はWindowsですよ)。

少し話は反れましたが、自分が使っているMacBook Proが、「Mid 2012」「Early 2013」であれば、バッテリー状態を確認しましょう。
「正常」でなければ、バッテリーを無償交換してくれるようですよ!
ただし今すぐではなく、2017/11/15以降からのようです。

バッテリーはへたるとすぐになくなってしまいますから、無償交換してくれるのは嬉しいですね。
普通にAppleに頼むと、19,800円もかかってしまいます!
バッテリーが「正常」ではない方は是非この機会に無償でバッテリー交換してもらっちゃいましょう!

コメント