Mac のアプリ「Yoink」が素晴らしい!

Mac
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

今回は珍しくMacのアプリを取り上げます。

Macのアプリはこれといったものがあまりなくそんなに使っていないのですが、「Yoink」というアプリが衝撃的だったので紹介します。

スポンサーリンク

Yoink でできること

できることはとても単純です。

コピーしたいファイルを一時的に保存しておく

以上。

このアプリが役立つ人

Yoinkはマルチディスプレイ環境のない、ひとつの画面だけで作業している人にとってとても役立つアプリです。ひとつの画面だけで作業していると、あるファイルを違うフォルダ、あるいはアプリ上にコピーしようとすると、一度ファイルをコピーした後に別のフォルダを開いてそこにペースト、あるいは画面上でフォルダとアプリが重ならないようにウィンドウをいい感じに調整してからドラッグ&ドロップする必要があります。

この作業って結構手間ですよね。

それを解決するのが「Yoink」です。

コピー手順

アプリをインストールした後、コピーしたいファイルをドラッグすると下の画像のように、画面左端にファイル置き場が現れます(設定で場所の変更可能)

そしてそこにドロップ!

はい、Yoink上にコピーされました。あとはここに置いたファイルをコピーしたいところにドラッグ&ドロップするだけ。そうすると指定場所にファイルがコピーされ、Yoinkからはファイルが削除されます(設定でファイルを残すことも可能)。

総論

説明だけ聞くと、「それだけなら不要じゃない?」と思うかもしれませんが、使ってみるとこれめっちゃ便利ですよ。有料だけあって必要と思われる設定もきちんとあり、しっかりと作り込まれています。

特にWordpressを使っている人にとっては、ファイルをアップロードする時に非常に役立ちます。

騙されたと思って一度使ってみてはいかがでしょうか。

コメント