iPhone 11 Pro Max のデメリットをあえて書いてみる

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhone 11 Pro Max を使って約2ヶ月、ここではあえてデメリットを書きます。

デメリットと言ってもほとんどないのですが、確実に言えることは2つ。

  • デカい!
  • 重い!

すみません、2ヶ月使っていてこれくらいしかデメリットがありませんでしたw

まずは大きさから。

これはもともとPlus端末使っていた人にとっては特に感じないと思いますが、無印iPhone、つまり iPhone 6 / 7 / 8 を使っていた人からすれば、かなりのビッグサイズに感じるでしょう。また、iPhone X / XS を使っていた人にとっても大きいと感じます。

特に感じるのはポケットに入れているとき。私の経験では、iPhone 7 と iPhone X を使っていた時は、ジーンズの前ポケットに入れた状態で座っても特に邪魔と感じることがありませんでした。

それが Max になった途端、前ポケットに入った Max が腰骨に当たって不愉快極まりないw

まあこれはポケットの深さにもよりますが、私のジーンズでは Max には不向きだったようです。すっぽり入るので結構深いポケットの部類だと思うんですけどね。それでもダメなようです。なので今は後ろポケットに入れるようにしていますが、座るときは潰さないように必ず取り出してから座るようにしています。過去に後ろポケットに入れて座ると iPhone が曲がってしまう問題がありましたから気を付けています。

次に重さです。

今となっては慣れましたが、最初使い始めた時は「これちょっとスマホとしては重過ぎないか?」と思いました。正直言って、大きさよりも重さにちょっと失敗したかも、と思ったくらいです。

基本的に服のポケットに入れると、その重さで服が歪みます。もうこれは諦めるしかないです。ワイシャツの胸ポケットに入れると大きさと重厚感による存在感がすごく、そしてその重さで左側に歪みます。しかし銃弾を受けても大丈夫かもしれないという謎の安心感もありますw

それ以外についてはすこぶる快適で、その大画面の恩恵にあずかっています。もう画面がきれいできれいで、そしてカメラ性能が素晴らしく、撮った写真をその大きく美しい画面で見るのが楽しくて仕方ないです(今回はデメリット編なのでメリットはこのくらいでw)。

Max の購入を考えている方は、是非とも実機に触ってみてその大きさと重さを確かめてみてください。使い続けると慣れますが、ファーストインプレッションは大事です。

コメント