iPhone 11 Pro Max で星空を撮影することはできるのか?

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhone 11 シリーズは、今までのモデルから圧倒的にカメラ性能が良くなりました。

特に暗いところでの撮影は、ナイトモードを使用するととても煌びやかな写真を撮ることができます。ただ、ナイトモードを使用しないで撮った写真の方が、人の目で見た感じには近いです。ナイトモードは暗いところでも鮮やかに撮影することができますが、肉眼と比べるとちょっと明るすぎる印象です。

ナイトモードで暗いところでも鮮やかな写真が撮れる理由は、露光時間を長くしているためです。そうすることで多くの光を取り込み、明るくきれいな写真が撮れます。そして、ナイトモード機能を使えば星空も撮れるという記事をどこかで見た覚えがあります。

ただ、本当に星空を撮影できるのかはちょっと疑問に思っていたので、自分で撮ってみることにしました。星空となるとかなり暗いので露光時間を長くする必要があります。

iPhone 11 シリーズでは周りの明るさに応じて自動的にナイトモードになり、その時に適切な露光時間を自動的に設定してくれます。ナイトモードになればある程度の露光時間の調節は手動でもできるのですが、iPhone を手で持っている状態だとあまり長い露光時間を設定できないようになっています。これは手ぶれによって写真がブレてしまうのを抑えるためだと思います。

ナイトモードでの最長の露光時間は30秒です。この時間を設定するためには、周りが暗く、かつ iPhone がほとんど全く動いていない状態にする必要があります。この30秒の露光時間を実現するためには、手で持っている状態では不可能です。ほんのちょっとした手ぶれでも iPhone は固定されていないと判断し、30秒という設定をすることはできません。おそらく内蔵されているジャイロスコープなどで判断しているのでしょう。私が手で持っていて設定できた最長の露光時間は10秒でした。

そのため、30秒の露光時間にするためには iPhone を固定するための三脚が必須です。私は iPhone 11 Pro Max の購入とほぼ同時にこの三脚を購入しました。三脚がひとつあると、集合写真が撮れるなど何かと便利なので、一家に一台あってもいいと思います。たいして高くないですし(これにはリモコンのシャッターが付いていました。リモコンと iPhone を Bluetooth で繋げて使います)。

さて、その三脚を使って iPhone を固定し、露光時間が30秒設定できる状態にしてから夜空を撮影してみました。結果はこちら↓

オリオン座が完璧に撮れています!しかも肉眼では見えない星まで!

これには驚きました。人工的な光による明るい都市部に近いところでの撮影だったため、だいぶ夜空が明るくなってしまっていますが、それでもこれだけ撮れます。

山の上など、人工的な光が届かないところで30秒露光のナイトモードで夜空を撮影すれば、素晴らしい星空が撮影できそうな気がします。

いやぁ、もう本当に iPhone 11 Pro Max のカメラを使った撮影は楽し過ぎます。カメラのために機種変したと言っても過言ではありません(笑)

一眼レフであればもっとすごい星空が撮影できるのは間違いないと思いますが、一眼レフを購入することを考えると、それと同じ価格かそれ以下の価格で iPhone 11 シリーズを手に入れられます。そして iPhone であれば、カメラ以外にもネットができたりゲームができたり、はたまた仕事までできちゃいます。そう考えると iPhone 11 シリーズってそこまで高いと言えないかもしれませんね。

最近写真のデータ量が増え過ぎて困っています(笑)

コメント