Apple が保持している個人情報のダウンロードが数カ月以内に可能になるらしい

Apple
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

男子ハックさんに興味深い記事がありましたのでレポートします。

連合(EU)のGDPR(一般データ保護規制)施行をうけ、AppleはApple IDに紐付けて保存されているユーザーの個人情報をダウンロードすることが可能になっています。現時点ではEU、アメリカ、オーストラリア、カナダなどの一部の国や地域のみが対応していますが、今後数ヶ月のうちに日本でも利用可能になるとのこと。

Appleが保存しているのは、

  • アカウントの詳細情報とサインインの記録
  • iCloudに保管されているデータ
  • アプリの利用状況に関するデータ
  • App Storeなどで購入した楽曲やダウンロードの記録
  • 閲覧履歴
  • Apple Watchなどを使っていれば運動や身体に関する情報

ただし、以下の情報については個人と特定できないデータになっているとのことで、開示(ダウンロード)はできないとのことです。

  • 個人を特定できない形のデータ
  • Apple IDに紐付いていないデータ
  • エンドツーエンドで暗号化され、Apple では復号化できない形式のデータ

個人情報に対する考えは年々厳しくなってきています。個人情報が流出してしまった場合、その企業は今後さらに致命的なダメージを負うことになるでしょう。

Apple プライバシーポリシー

コメント