2019年に発売されるiPadのディスプレイサイズは10.2インチ?

iPad
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

Proではない無印の新しい「iPad(第7世代)」が今年発売されるとのお話は少し前からあがっていましたが、ここにきてなんと10.2インチの画面を搭載するとの情報が出ています。

この情報の出どころは、Ming-Chi Kuo氏というAppleのリーク情報を流す中では最も信頼のおける、かつ最も有名な方が発信しているものです。そのため、この情報は本当である可能性が高いと思われます。さらに「iPad mini 5」も今年発売されるとのこと。

「iPad mini 5」については、「iPad(第6世代)」に搭載されている「A10 Fusion」チップあたりが搭載されるのではないかということ。そうすると、「iPad(第7世代)」は「A11 Bionic」が搭載されると予想するのが妥当かなと思います。

ただ、10.2インチとなると、10.5インチiPad Proとの差別化が難しくなるのではないかと思います。今は無印iPadでもApple Pencilが使えますからね。Smart Keyboardが使えないだけではあまり差別化にならないような気がしています。

もしかすると10.2インチのiPadを発売するのを機に、10.5インチiPad Proは販売終了になるのかもしれません。

iPadが欲しいけど今すぐではないという人は、2019年に発売されるであろうiPad(第7世代)の発売を待ったほうがいいかもしれません。

もう欲しくて欲しくて仕方がない、我慢ならん!という人は2018年に発売されたiPad(第6世代)を買ってしまいましょう。はっきりいって普通に使う分には第6世代で十分すぎるほどのスペックですから。

Apple Pencil 対応の iPad 第6世代を購入
いつも読んでいただき、ありがとうございます。Apple Pencilに対応した iPad 第6世代を購入しました。整備済製品のiPad 32GBモデルを31,800円で購入です。新品で購入する...

お金に余裕のある人は10.5インチiPad Proを買うのもありです。より幸せになれます。

でも10.5インチ買うほど余裕があるのであれば、2万円プラスして最新の11インチiPad Proを買ったほうがいいと思いますよ。

コメント