2019年に発売されるiPhoneは、2018年モデルを踏襲するとの情報

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

Appleのリーク情報でお馴染みのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、2019年に発売されるiPhoneのモデルは2018年と同じ、つまり有機ELディスプレイ(OLED)搭載の5.8インチ、6.5インチモデルと、液晶画面の6.1インチモデルの3モデルになるとのこと。

さらによくわからない情報として、ボディに「すりガラス」が採用されるとのこと。

すりガラス???

ちょっと何言ってるのかわからない(by サンドウィッチマン)。

まとめると以下が現状のリーク情報。

  • ボディにすりガラス採用
  • ワイヤレスで他のデバイスの充電が可能
  • より大容量のバッテリーを搭載
  • 最上位モデルにはトリプルレンズカメラを搭載
  • Face IDの高速化、および精度の向上
  • ウルトラワイドバンド(UWP)対応による、より正確な屋内測位とナビゲーション
  • 接続・充電ポートは従来通りLightning(USB-Cは見送り)
  • ノッチの大きさは今までと同じ

今後も続報があったら更新して整理していきます。

コメント