iPadOS パブリックベータをインストールしてみた

iPad
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPadOS のパブリックベータ版の配布が開始されたので、ここぞとばかりに12.9インチ iPad Pro 2nd Gen (2017) にインストールしちゃいました。

そしてこの記事は iPadOS にアップデートした iPad Pro から書いています。

私は iPad や iPhone で記事を書くときは、Ulysses というアプリを使っているのですが、iOS 13 に最適化されていないせいか起動に結構時間がかかりました。iPadOS の特徴として起動が最大で今までより2倍速くなるとのパフォーマンス改善がありましたが、おそらくこれは iPadOS に最適化しないとできないのかもしれません。少なくとも Ulysses の起動は2倍以上遅くなっていますw 起動以外は特に問題なく動作していますね。

ただし iPadOS についてはあまり色々と記事にできない理由があります。その理由は、パブリックベータ版を使用したことで得られる情報は機密情報として管理されるためです。Apple が技術情報を公開した場合を除いて、という前提はありますが。

もしかすると Ulysses の起動時間のお話についてもグレーなのかもしれません?起動時間が最大で2倍になるという情報は公開されているのでいいとは思っていますが。。。

パブリックベータの初版にしては、だいぶ普通に動作していますので、使ってみたい方は試してみてはいかがでしょうか?ただし、仕事用に使っている端末はまだ iPadOS にしないほうがいいと思います。ベータ版ではアプリが起動しなかったり予期せぬ不具合が残っていたりする可能性が高いためです。

あくまで個人用に使っていて、多少の不具合は見逃せる端末に入れるようにしてくださいね。

インストール方法は以下のサイトがわかりやすかったです。

iOS 13/iPadOSパブリックベータ版をインストールする方法
6月25日、Appleが2019年秋の正式配信を予定している「iOS 13」と「iPadOS」のパブリックベータ版の配信を開始しました。現在、開発者向けに提供されている通常のベータ版は年額11,800

コメント