iPhone XS / XS Max / XR の画面表示領域の大きさについて

iPhone

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

今年発表されたiPhone XS / XS Max / XR への買い替えを考えている人は、iPhone 7 / 7 Plus 以前の端末を使っている人が多いと思っています。そこで、XS / XS Max / XR に変更すると1画面に表示される情報量がどれだけ変わるかについて簡単にまとめたいと思います。

スポンサーリンク

画面の横の長さに表示される情報量

画面の横の長さ、つまり画面幅に表示される情報量について。

物理的な画面幅はXSは7よりもわずかに大きく、XS Max は7 Plus より(たぶんですが)わずかに大きくなります。しかしながら画面に表示される情報量はそれぞれ同じです。

つまり、iPhone 7 であるサイトの横書き1行の文字数が20文字の場合、XSでも20文字表示となります。iPhone 7 Plus で25文字表示されるのであれば、XS Maxでも25文字表示となります。

画面幅がわずかに大きいながらも表示される情報量が同じということは、文字がちょっとだけ大きく表示される、ということになります。

ちなみにXRの横幅に入る情報量は7 Plus / XS Max と同じになります。

画面の縦の長さに表示される情報量

画面の縦の長さ、つまり画面の高さに表示される情報量ついて。

ベゼルレスになりホームボタンが廃止されたことにより、画面の縦の長さは明らかに7よりXSの方が大きく、7 Plus よりXS Max の方が大きいです。その分情報量も増えます

正しい数字ではなんとも言えませんが、感覚的には7からXSになると1画面で見れる情報量は1.2倍くらい多くなるような感じです。

XRについては縦横共にXS Max と同じ情報量が画面上に表示されます。XRは画面がXS Max より小さいので、文字はちょとだけ小さくなると思います。

総論

  • iPhone 7 とXS では横の情報量は変わらないが、縦に表示される情報量は増える
  • iPhone 7 Plus と XS Max では横の情報量は変わらないが、縦に表示される情報量は増える
  • XR はXS Max と全く同じ情報量が1画面に表示される。ただしXS Max より画面が小さくなる分、文字は気持ち小さくなる

もっと詳しく知りたい方は、以下のサイトが参考になると思います。

横幅320ptを持つiPhoneの消滅、横幅414ptを持つiPhoneの普及
2018年、解像度およびポイント数が最も小さいモデルが「iPhone 7」および「iPhone 8」になった。「iPhone XR」のポイント数は「iPhone XS Max」と同じ。今後数年間、少なくともiPhoneが人気の日本では、スマホ上で表示されるコンテンツの見せ方に変化が起きるのではないかと思った。

コメント