A11X ベンチマーク予想

Apple
スポンサーリンク

A11 Bionic が驚異的なベンチマークを記録していますね。

次に出ると思われるA11Xの性能が気になったので、A11のベンチマークをベースに自分なりに計算してみました。
それが以下の表になります。(Geekbenchでのベンチマークです)

CPUシングルコアマルチコアGPU性能(Metal)
A11X4,970
(A11から20% up)
17043
(高性能コア×3
高効率コア×6)
41931
(A10Xから50% up)
A114,1429,88315,510
A10X3,8839,19627,954
A103,3285,54512,367

やり過ぎですかね?
これ、もうMacbook Pro 15インチの性能超えちゃってます。

仮定として、A11Xは高性能コア×3、高効率コア×6としています。
そして高性能コア、高効率コア共にA11からパフォーマンスが20%アップとして、ちょこちょこ補正を加えました。

メタル性能は単純にA10Xから50%アップと仮定しています。

iPad Pro 12.9インチ (2017)を買ったばかりの身としては、この性能のiPadをすぐに出されたらちょっと悲しいです。(すぐ出ることはないと思っていますが)
しかもディープラーニングのプロセッサ付きなんですよね。

うーん、iPhone 8が発表されるまで買うの待てばよかったかな〜。
でもその時にiPad Proは6000円も値上がりしたから、買うタイミングはベストだったんですよね。

やっぱり欲しいと思った時に買うのがApple製品ですね。
いいものが出るのを待ってたらいつまでも買うことができません。

まずはiPad Pro 12.9インチ (2017)を使い倒します。
画面がすごい綺麗で圧倒されます。

みなさん、是非ともiPad Pro 12.9インチ (2017) を買って、一緒に楽しい生活を送りましょう!

コメント