iPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone X の性能

Apple

GeekBenchによるiPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone X のベンチマークが公開されていますね。
驚きの性能です。

デバイスシングルコアマルチコアGPU性能(Metal)
iPhone 84,1899,98315,617
iPhone 8 Plus4,1429,88315,510
iPhone X4,0179,28615,540
iPhone 73,3285,54512,367
iPhone 7 Plus3,3325,55812,390
iPad Pro (12.9インチ 2017)3,8839,19627,954

プラットフォームによる違いがあるため、Androidなどの他のOSとは一概に比較はできないようですが、まずはこの数値を指標として信じるしかないでしょう。

シングルコアですらiPad Pro 12.9インチ (2017)を上回っていて、さらにマルチコアでも上回っている。
発売されたばかりのiPad Proって一体…って感じがしちゃいますよね。
私もiPad Pro 12.9 2017を買ったばっかりなのに、新型iPhoneに性能を超されちゃうのはなんか悔しいです。
iPhoneにそこまで性能必要?って思っちゃいますけど、そんなこと言いながら欲しいですよねぇ。
ただ、グラフィックス性能はiPad Proが以前ダントツと思っていいんですかね。

ちなみにこの性能、私が今使っているノートPC(Core i7)に肉薄しています。(シングルは負けてるかも。。)
2018年に出る次期iPhoneには、間違いなく抜かされてしまうでしょうね。

iPhoneではブラウジング、メール確認、スケジュール確認、ToDo確認、それと時々ゲームをやるくらいだから、ここまで性能いらないと思うけど、性能が高いに越したことはないです。

ある意味、大は小を兼ねる、と言ってもいいでしょう。

あーやばい、欲しくなってくる(笑)

でも次まで我慢!

AppleiPadiPhone
kkgravをフォローする
スポンサーリンク
モノ好き手帳

コメント