iPhone 11 シリーズのカメラ機能にある「写真のフレームの外側を含めて撮影」はどこまで必要なのか

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhone 11 シリーズから、撮影した範囲よりも外側の範囲を含めた写真を保存しておける機能があります。

設定は以下の機能をオンにするだけ。

「設定」→「カメラ」→「写真のフレームの外側を含めて撮影」

iPhone 11 シリーズのカメラを使った人であればわかると思いますが、広角カメラでの写真撮影時、撮影範囲より外側の画像も薄めに表示されます。この部分は超広角カメラを使って表示されていて、通常の広角カメラでは撮影範囲外の部分となります。

iPhone 11 シリーズでは、例えば写真を撮影したけど端っこの人が少し見切れてしまった場合などを考慮して、実際に撮影した範囲より外側の範囲までの画像を保存することで、あとから編集することで見切れた人を写真に含めることができるような機能を搭載しています。

これだけ聞くとすばらしい機能ですよね!ただしそのぶん1枚の写真の容量は大きくなります。そしてその外側の部分の写真については、30日後に自動的に削除されるようになっています(おそらく容量削減のため)。

ただし気を付けてもらいたいのが、外側の部分は超広角カメラで撮影されているということです。超広角カメラは広角カメラと比べると、画素数は1,200万画素と同じですが、F値が異なるため、また低倍率のため広角カメラよりは粗い画像となってしまいます。そのため外側まで含めた写真を使う場合は、少し写真が粗くなることを考慮に入れる必要があります。

また、補正は自動適用されるため(「調整を自動適用」をオンにした場合)、補正が適用された写真は思ったより粗い写真になっていることがあります。自動的に適用された場合は、写真の右上に★マーク付きで「自動」という青マークが出ていますので、そこをタップすると本来広角カメラで撮影した写真となります。

さて、この機能が必要かどうか。

ほとんどのサイトではこの機能を絶賛していますが、私は個人的にそこまで必要ではないと思っています。

理由は、先に書いた通り写真が粗くなるから。もうひとつは外側の部分が不要な写真についても勝手に自動補正されてしまうことが多々あるから。

後者の勝手に補正されてしまうケースは少しタチが悪いです。特に思うことはライブフォト(Live Photos)で撮った写真が補正されるケース。

動かしてみると明らかに画像が粗いんですよね。iPhone 11 シリーズで写真撮ったのに「なんかこの画像粗いぞ??」と思ってみたら自動補正されていないか確認してみてください(特にライブフォト)。たいていの場合は補正されています。補正解除してみると、明らかにきれいになります。

また、私の場合はこのブログに写真を載せる際にも外側のフレーム問題が発生します。

ブログに載せるために写真をアップロードすると、なぜか超広角カメラで撮影された写真がアップロードされてしまうのです。iPhone上では補正していない状態なのですが、なぜかアップロードすると補正された写真がアップロードされてしまう。そのため不要な部分まで映り込んだ写真となってしまうため、手動で補正しないといけません。非常に面倒くさい!

あと、撮影後に外側の写真含めて補正することって今まで特になかったので必要ないかなと思いました。これに特化した不具合とかも今後出てきそうですし。

後々色々と編集したいという人はこの機能はオンにしておいた方がいいと思いますが、特に写真を編集することはないという人は、オンにする必要性は薄いかなと思います。

コメント