iPhone 11 Pro Max では、iPhone X に比べるとだいぶカメラのシャッター音が小さくなっている

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhone で写真を撮影する時、シャッター音が気になることってよくありますよね。特に悪いことをしてなく、普通に写真を撮っている時も気になってしまいます(もちろん盗撮など悪いことに使ってはいけませんよ!)。

さて、そのシャッター音ですが、iPhone 11 Pro Max ではだいぶ音量が抑えられている印象です。スピーカーが良くなったのでカメラのシャッター音もまた大きくなってるんだろうなと思っていましたが、確実に iPhone X よりはシャッター音は小さいです。逆に言うと、iPhone X のシャッター音がでかすぎるだけなのかもしれません。

実際に iPhone X と比較すると音量は半分近く小さくなっています。それでも十分聞こえる音量ですけどね。

ではここで、カメラのシャッター音を小さくする小技をひとつ紹介します。

簡単に言えば、シャッター音が発せられるスピーカーを塞いで音量を小さくする方法です。

現在の iPhone ではスピーカーは2つあり、1つはiPhone上部の電話で耳を当てる受話部分と、下部のLightningポートの右側にあります。

これら2つのスピーカーを、写真を撮るときに両手でうまく塞ぐことで、だいぶシャッター音を小さくすることができます。コツは、受話部分は親指で、下部の穴は人差し指で塞ぐことです。

おそらくこの方法を知っている人は多いと思いますが、まだやったことがない人はぜひ試してみてください。かなりシャッター音が小さくなります。

重ねて言っておきますが、盗撮などには使わないようにしてくださいね。

コメント