12.9インチiPad Pro (2nd Gen) と Kindle Voyage 端末で、電子書籍読みやすさを比較してみた

Amazon
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

私は最近本を購入するときは専ら電子書籍です。特に使っているのはAmazon Kindle。次に使っているのは honto。honto は固定レイアウトの本が Kindle よりも綺麗なので、主に固定レイアウト関係。そしてマンガ関係はなぜか Kinoppy。

今は亡き Kindle Voyage 端末を持っているので、ほとんどは Amazon で電子書籍を購入しています。

さて、前に iPad mini に惹かれているという記事を書きまして、もし買うとしたら主に電子書籍の読書用に使うと書きました。

iPhone XS Max があれば、iPad mini は不要かどうか
いつも読んでいただき、ありがとうございます。最新のiPad mini (5th Gen)に惹かれています。理由は、持ち運びに苦痛じゃない大きさ・重さ、PDFファイルや電子書籍を読むのにちょうど...

しかしながら iPad で電子書籍を読むのであれば、どの程度眼が疲れるを確認する必要があります。そこで、私が所有している 12.9インチ iPad Pro (2nd Gen) で実際に文章のみの本を読んでみました。

結果はすぐに出ました。

iPad の方が明らかに眼が疲れる。。。

眼の疲れを考えるならば、間違いなくKindle端末を使うべきです。断言できます。Kindle端末は本当に眼が疲れません。

ただし、1ページに表示される情報量はiPadの方が明らかに上です(当たり前ですが)。そして固定レイアウトやPDFファイルについてもiPadの方が優れています。特に固定レイアウトはカラーの本が多いため、また容量が大きいため、Kindle端末には適さないです。

リフローに対応している文字だけの電子書籍であれば Kindle端末、固定レイアウトやPDFファイルをよく見るのであればiPadにした方がいいかなという感じです。

重さはKindle端末が約200gと軽量なので、やはり電子書籍を読むという行為を考えると、基本的にはKindle端末に軍配が上がりますかね。

もしKindle端末に興味があるのであれば、まずはKindle Paperwhite を試してみるといいと思います。iPad 端末と比較すると随分と安いので。気をつけていただきたいのは、無印Kindleはオススメしません。解像度がよくないです。

そしていきなりKindle Oasis を購入するというのもちょっとオススメできません。今後の電子書籍はKindle端末を使いまくって読みまくると心に決めているのであれば、Oasisを購入して全く問題ありませんが、とりあえずKindle端末を試したいな、という方は、まずはKindle Paperwhiteから入ってみることをオススメします。

コメント