iPhoneのブラウザで前の画面に戻りたいときは戻るボタンを使いましょう

iOS
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

スマホの用途は人それぞれですが、一番よく使うのはインターネットでしょう。

インターネットをするためにはブラウザが必要で、iPhoneのデフォルトブラウザはSafariとなっています。

SafariはAppleが作っているブラウザであり、iOSに組み込まれ最適化されているため、Chromeなど他のサードパーティー製のアプリでは技術的にどうしても追いつけない部分があります。

そのためブラウジング速度やバッテリー消費を考えると、iPhoneではSafariを使うのが最適解になると考えています。

しかしPCのブラウザでChromeを使っている人は、Googleアカウントとの兼ね合いからどうしてもChromeを使ったほうが便利という人も多いと思いますので、そこは自分の好きなブラウザを使っていいと思います。

さて、ここでお話をしたいのは、ブラウジングをしている最中に前の画面に戻る方法です。

ブラウジングで「戻る」という行為は頻繁に行うと思います。

iPhoneのSafariで前の画面に戻る方法は2つあります。

・画面左側から右側へスワイプする

・戻るボタン”<“を押下する

前者の戻り方は直感的で多くの人が使用しているかと思います。しかしこの戻り方は、ひとつ前の画面に戻るにはいいのですが、2つ3つ前の画面に戻るとなると、画面のリロードが完了してからでないとうまく戻れず、少しイライラすることがあります。

それと比較して、戻るボタンを使って戻る場合は画面のリロードが完了せずとも戻る操作を受け付けてくれるため、スワイプで戻るよりも戻りやすいというメリットがあります。

なので、Safariでブラウジングしているときに前の画面に戻る際は、左下に表示されている戻るボタン”<“を押下して戻るようにすると快適に戻ることができます。

ちょっとしたことですが、少しでもストレスなく使うことが大事だと思いますので、基本的には戻るボタンで戻るように習慣づけましょう。

コメント