iPhone / iPad の ブラウザ Safari で簡単に別タブ(バックグラウンド)でリンク先を開く方法

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

今回はiPhoneのブラウザ、Safariの便利機能について紹介します。

ウェブサイトを見ていると、リンク先のページも読んでみたいということがよくありますよね。リンクをタップするとリンク先のページに飛びますが、今見ているページがリンク先に飛ぶ場合と、別タブが開いてリンク先に飛ぶ場合の二種類のパターンがあると思います。

今見ているページをまだ読みたい場合は別タブで開いてくれるとありがたいのですが、今見ているページがリンク先に飛んでしまうと一旦戻らないといけないので面倒ですよね。

これは開いているウェブサイトのサーバ側の設定によるもので、見ている方ではどちらのパターンで開くのかは実際にタップしてみないとわかりません。

とりあえず今開いているページを最後まで読んでリンク先を後で読みたいという場合は、リンクを長押しして「バックグラウンドで開く」を選択することで、別タブで開いておくことができます。「バックグラウンドで開く」場合は別タブでリンク先が読み込まれますが、画面は今のページのままです。

これはリンク先を別タブで開くための基本的な操作ですが、3D Touch(画面押し込み機能)が導入されて以来、長押ししているとその押している強さによって3D Touch機能が動作してしまい、なかなかうまくバックグラウンドで開くことができないことがあります。

これ、個人的には地味にストレスでした。。

何か方法がないのかと探していたら、長押ししなくても簡単にバックグラウンドで開く方法があることを知りました!

これはiOS 11から導入されたようなのですが、その方法とは、リンク先を二本指でタップする、ただそれだけです。iPhoneだけでなく、iPadでも使えます。

設定アプリから、以下のように「Safari」→「リンクを開く」→「バックグラウンド」に設定しておくことをオススメします。「新規タブで開く」にしてしまうと、二本指でタップした際に新規タブに画面が飛んでしまいます。

かなり便利なので皆さんも使ってみてください。ネットサーフィンが今以上に捗ります。

特にiPadで使うとめちゃくちゃ便利ですよ!

コメント