iPhone X のノッチを生かしたクールな壁紙

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

色々とサイトを巡っていたところ、iPhone X 用のとてもカッコいい壁紙を提供しているサイトがありましたので、ご紹介します。

そのサイトの名前は「Mysterious iPhone Wallpaper」

不思議なiPhone壁紙
iOSの謎を解いた魔法の壁紙。壁紙探しを終わらせましょう。 Magic wallpapers the solution of the mystery of iOS. Finish the searching.

iPhone 用のクールな壁紙がたくさんあります。こんなデザインができる人、羨ましいです。

私がこのサイトの中で特に気に入ったのが、iPhone X でダサいと言われているノッチを格好良く見せるための壁紙です。

Xすぎる壁紙/So X
ベゼルと一体化する黒。  鮮やかなノッチとドック。  Xを堪能する壁紙です。​ ​  iOS 12では若干クオリクオリティが低下。 The black to be...

その名も、「Xすぎる壁紙」。

確かにXすぎる(笑)

でもこれ、本当に格好いいと思います。ノッチがまさかこんな風に化けるとは。。。実際に設定したのが以下の画面です。

ロック画面

ホーム画面

スクリーンショットだと長方形で保存されてしまうので、実際 iPhone X に設定した時の感じがわかりづらいですが、アイキャッチ画像のようになる事をイメージしていただければと思います。

ちなみにこれはXすぎる壁紙にある「Graduation」というものです。おそらく「Gradation」のことだとは思いますが、まあ気にしないでおきます。

この壁紙、本当にいいですよ。私は今までiPhone X の壁紙がなかなか定まらなかったのですが、今後はこれ一本でいけそうです。

さらにこの壁紙はiPhone X にとってとてもエコな壁紙でもあるのです。

iPhone X の画面はLCD(液晶)ではなく、OLED(有機EL)というものが採用されています。OLEDは各ピクセルが独立して光る仕組みで、黒については全く発色しない、すなわち黒を表現しているピクセルは電力を消費しません。

それに対してLCDは、背面から光を当て、カラーフィルターによって色を見せたい部分の液晶シャッターを開いて明るく見せることで映像を表現しています。黒については液晶シャッターを閉めることで表現しますが、バックライトは点灯している状態です。つまり黒でも電力を消費します。また液晶シャッターを閉めても隙間から光が漏れてしまうため、ぼやけた黒となってしまいます。

そう、この壁紙はカッコいいだけではなく、バッテリー消費を抑えることにも役立っているのです。そしてOLEDの黒は光のない黒です。

せっかくのOLEDなので、黒を活用しない手立てはありません。

皆さんもこの壁紙を一度試してみてください。きっと気にいると思います。

コメント