iPhone のバッテリー交換のチャンス!

Apple
スポンサーリンク

※アップルが正式に日本語版での謝罪文を発表しています。また一部修正しました。
iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、 お客様にお伝えしたいこと

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

最近ニュースになっていた、バッテリーの弱ったiPhoneの性能をアップルが意図的に下げていた件についてです。

アップルはこの件について正式に謝罪し、この問題の対応としてバッテリー交換の値段を一時的に引き下げるとのことです。期間は2018年1月下旬から12月までで、対象はiPhone 6以降。通常8800円のところ、3300円3200円にするようです。バッテリーのヘタリが気になる方はこの機会に交換することをおすすめします。

なお、AppleCareに入っていれば、バッテリー容量が初期状態の80%以下になっていれば無料で交換できますよ。80%以下になっているかどうかの判定はAppleがするそうなので、Apple Storeに持ち込んで確認してもらうしかないと思います。

私としては、今回の件は特に問題ではないと思っています。Appleはユーザに最高の体験をしてもらうための措置だったと弁明していますが、これは正しいと思っています。
バッテリーがへたることによりiPhoneが強制的に再起動をしてしまうのは、ユーザにとってはとても不便なことでしょう。またサクサク動くけどすぐバッテリーなくなるより、少しくらいもっさりしててもバッテリーがきちんと持つほうがよくないですか?

色々な記事を見ていると、意図的に性能低下させることによってAppleは新しいiPhoneへの買い替えを促している、と書いているものが多いですが、逆じゃないですかね?バッテリーは使い続けるとどうしてもヘタり弱くなっていくものです。それを検知してソフトウェア側で対処して少しでも長く使ってもらうということまでしっかりとサポートしてくれる会社ってほとんどないと思います。ハードとソフトを自分で作っている会社だからことできることなんでしょうね。

私はこれからもAppleを応援します。

そんなことより早くiPhone XのSuicaで改札通るときの反応の悪さを改善して!

コメント