2018年のベゼルレス iPad Pro にはOLED(有機EL)搭載モデルも発売されるとの噂

iPad
via 9To5Mac
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

2018年10月(今月ですね!)に、Apple が新型iPad Pro を発表するとの情報があります。12.9インチと10.5インチのiPad Pro(液晶画面)の他に、11インチのOLED(有機EL)搭載のiPad Proも発表されるとの噂があります。

もしこの通りのモデルが発表されるのであれば、12.9インチと10.5インチのiPad Pro は今まで通りホームボタン付きのTouch ID(指紋認証)搭載モデルとなり、11インチのみベゼルレスのFace ID(顔認証)搭載モデルになりそうな気が個人的にしていますが、皆さんはどう思いますか???これ、2017年のiPhone 8 / 8 Plus / X と同じパターンですよね。

全てベゼルレスでFace ID搭載モデルとなると、OLEDだけの違いというのはあまり差別化とならず、わざわざ高価なOLED 11インチモデルを買うという人はあまりいないのではないかと思います。

なので個人的な予想としては以下の2つ。

  • OLEDモデルは発売されず、ベゼルレスの12.9インチと10.5インチ(あるいは11インチ)の液晶モデルが発売
  • 液晶モデルとして12.9インチ、10.5インチが発売され、それらは今まで通りのデザインでホームボタン付き、Touch ID搭載。11インチモデルはOLED搭載で、ベゼルレスでFace ID搭載。

そもそも個人的にiPad にOLEDは懐疑的です。理由は、OLEDは画面の焼き付きが起きるから。

iPad はそもそも同じ画面を表示している時間がiPhone と比較すると長いと思っています。その大画面の特性を生かして展示などにも使われるため、焼き付きが起こってしまうとちょっと使い物にならないのではないかと。

もちろんあの大画面でOLED搭載となれば、その画面の美しさは素晴らしいものになるでしょう。しかしながらモデル間の差別化を考えると、OLED搭載モデルというのはまだ出ないのではないかなと思っています。

予想を裏切るような発表をするのがApple ですので(最近はほぼリーク通りですがw)、10月の発表に期待しましょう!

コメント