Apple Watch から Suica が消えた

Apple Watch
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

特に問題なく解決したのですが、Apple WatchからSuicaが消えたお話です。

私の妻はApple Watch Series 3を使用しています。せっかくWatchでもApple Payが使えるのだから、Suicaを登録しようという話になりました。

スポンサーリンク

Apple Watch には iPhone で利用している Suica を同時に登録することができない

ほとんどの人はiPhoneで使っているSuicaをそのままWatchでも使いたいと思うでしょう。残念ながらそれはできないのです。厳密に言うとできないことはないのですが、同じSuicaはiPhoneかWatchかのいずれか一方にのみしか登録することができません。

例を用いて話します。

iPhoneで”A”というSuicaを使っていました。Watchでも”A”のSuicaを使いたい。この場合、iPhoneからWatchに”A”のSuicaを移動することで、Watchで”A”のSuicaを使うことができます。SuicaはWatchに移動されたので、iPhoneで”A”のSuicaは利用できなくなります。

つまり、同じSuicaをiPhoneとWatchで利用することはできるのですが、どちらか一方でのみ利用することができる、ということです。

この移動についてはiPhoneのWatchアプリから結構簡単にできます。しかしいちいちWatchに移動させたりiPhoneに戻したり、そんなことはやってられません。

新しいSuicaを作成し、Apple Watch に設定する

ということで、Watch用に新規にSuicaを作ることにしました。iPhoneのSuicaアプリから簡単に作成することができます。作成方法については他のサイトで色々紹介されているので、そちらを参照してください。とても簡単にできますよ。

さて、新しく作成したSuicaをWatchに追加使用とした際に、Watchにパスコードを設定してくれ、とのメッセージが出ます。

Apple Watchにパスコード??

そうなんです、実はApple Watchにもパスコードが設定できるのです(知らなかった。。)これは、例えばWatchを外してそこら辺に置いてしまった場合、他の人がWatchを利用できないようにするためのセキュリティ機能になります。またパスコードロックがかかっている状態では、たとえSuicaがエクスプレスカード設定されていても、パスコードを入力しない限りSuicaを利用するはできません。

Apple WatchでSuicaを利用するためには、パスコードの設定が必須となります。

パスコードを設定した場合、Watchを腕から外している状態だと、ロック解除時に毎回パスコードを求められます。iPhoneのパスコードと同じですね。しかしWatchを腕に付けている状態では、一度パスコードを入力してロック解除すると、腕から外すまでは再度パスコードを入力する必要はありません。なるほど、腕に付けられていることをWatchはきちんと把握できているのですね。

そのため、Watchを付けたらまずはパスコードを入力してロックを解除しましょう。そうしないとWatchに設定したSuicaをエクスプレスカードとして利用することができません。

Watchを付けたらまずはパスコードを入力してロック解除する、これはWatchを利用している人は習慣化した方がいいですね。

Apple Watch にパスコードって、逆に不便じゃない?

そうなんです。なぜ時計をいじるのにパスコードを入れないといけないのでしょうか?時間見るだけであればパスコードは不要ですが、ちょっとアプリを起動する時にパスコードの入力が必要って、なんだか面倒ではありませんか?

ということでApple WatchにSuicaを設定した後に、パスコードの設定をオフにしてみました。Suicaを設定しているからオフにできないのかな、と思いつつやってみたら、、あれ、オフにできた。Suicaを設定するときだけオンにすればいいのかな、と思ってSuicaを確認したところ、

Suica がない!!!

Apple WatchからもiPhoneのWatchアプリからもSuicaが消えている!え?どういうこと?チャージしたお金どうするのYO!

と軽くあたふたしてしまいました。

しかし大丈夫です。安心してください、入ってますよ。落ち着いてWatchアプリから再度Suicaを設定してみてください。消えたと思ったSuicaがきちんとチャージ金額を残したまま舞い戻ってきます。

いやー、これには焦りましたね。

しかし世の中には斜め上をいくツワモノがいます。Apple WatchのSuicaで改札に入り電車に乗って、その電車の中でパスコードをオフにしてしまったとのこと。その後どうなったのかは以下のサイトで確認してください。失礼ながら少し笑ってしまいました。

Apple Watch からSuicaが消えた話 | meideru blog
Apple Watch 3 を使い始めてから、はや1ヶ月半が経ちました。   今もバリバリ使っております(´・ω・`) 話は変わりますが、先週、少々問題が発生しました。 電車移動中にAppl ...

でもやはり思うことは同じですね。Apple Watchにパスコードは不要じゃないかと。でもセキュリティを考えると仕方ないのですかね。

ちなみにパスコード設定をオフにする時に、以下のようにちゃんと注意書きが出ていましたね(汗)

総論

  • Apple WatchにSuicaを設定するときはパスコードの設定が必須
  • Apple WatchにSuicaを登録した後は、パスコードをオフにしない
  • もしパスコードをオフにしてSuicaが消えてしまっても、あわてずに再度Suicaを登録すれば消えたSuicaが戻ってくる

世の中は着実に便利になっています。

コメント