iPhone X を真似した「ノッチ」(いわゆる切り欠き)搭載のスマホが増えていますが。。。

Apple
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

最近 Android で iPhone X を真似したノッチ搭載機種が多く出ています。各メーカーは「iPhone Xを真似していない」、「iPhone X が発売されるずいぶん前からこのデザインを検討していた」などのコメントを発表しているようですが、まあ私は信じていません(笑)

真似したって言っちゃいなよ。

さて、どうせ後出しするのであればiPhone Xを超えるデザインのものを出してもらいたいものですが、なぜかどれもiPhone Xに全く勝てないデザイン。なぜもっとデザインにこだわらない。。。

ほとんどの機種が(全てかな?)下部のベゼルだけ分厚いんですよね。iPhone Xの場合はノッチを除けば全てのベゼルが均一の厚さとなっていて非常にスマートなのですが、Androidのそれは均一じゃないからなんだかボテッとしているように見えてしまう。

前面だけではなく、背面のデザインについても全くiPhone X に勝っているとは言えない。もちろん個人の好みはあると思いますが、一般的に見てもノッチありのAndroid端末のデザインは、まだまだiPhone Xには及ばないでしょう。

そしてノッチの形ひとつをとってみても、Android端末のノッチはなんだかダサい。とりあえずノッチを付けてみた、みたいな。おそらくAppleはこのノッチの形についても色々と試行錯誤を重ねた上でデザインしたものだと思います。いい感じで目立たない曲線なんですよね。

カメラのでっぱりすら美しいと思えてしまいます(でも極力抑えてほしいw)

Appleがお金持ちだから色々と自由に試行錯誤ができ、いいデザインの製品を生み出せるという側面もあるでしょう。しかしながら、デザインに対する情熱のレベルが他社とは一線を画していることが大きな理由ではないでしょうか。

いいデザインができたからといってそれをそのまま製品にすることはできないでしょう。そこに組み込まれる画面、バッテリー、モジュール、パーツ等、全てを考慮してデザインする必要があります。それらひとつひとつ全て細部までしっかりと妥協なくデザインするからこそ、iPhoneは素晴らしいプロダクトになっているのだと思います。

Apple好きのざれ言でした。

 

Photo: Ben Geskin / Twitter

コメント