電子書籍を読むなら、Kindle Oasis と iPad mini どちらを購入すればよいか?

Amazon
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

電子書籍を読む場合、Kindle端末とiPadどちらで読むべきかを考えてみます。

今回比較するのは、Kindle OasisiPad mini です。

Amazon から発売されているKindle端末は、電子書籍の読書に特化した端末です。そのため目が疲れないような仕様となっております。読書に特化しているので余計な機能は削ぎ落とされていて、基本的には文字表示ができればいいので性能は低いです(ページめくりさえ少しもっさりする)。

それに対してAppleから発売されているiPadは、ブラウジングやゲームなど、様々なアプリに対応できるように非常に高スペックな端末となっています。Kindle本を読むというのも、Kindleアプリを入れればできます。ただし、読書に特化しているわけではないので、ずっと使っていると光によって目が疲れます

さて、Kindle端末の最上位機種は Kindle Oasis です。最上位だけあり、Oasisだけディスプレイサイズは7インチと、他のKindle端末の6インチとは差別化が図られています。

その大きさに近いiPadには、iPad mini があります。こちらは7.9インチのディスプレイを備えています。

電子書籍を読むならどちらがいいでしょうか?

読書に特化していて目が疲れないんだから、Kindle Oasis の方がいいのでは?と思うかもしれません。きちんと電子書籍に対応したリフロー型の本であればそうでしょう。もちろんiPad miniでもリフロー型の電子書籍はとても読みやすいです。

しかしながら、電子書籍には固定レイアウト形式の本もそこそこ見受けられます。

固定レイアウトとは、紙の書籍と全く同じような表示をする表示形式です。これは紙の書籍をスキャンしたようなものであり、そのため文字列検索などができない、ちょっと手抜きと思われる形式です。

しかしながら、数式を多用した本や図表を多用した本(1ページにそれらの図表がちゃんと収まることで見やすくしている本)、そしてマンガなどは固定レイアウトにせざるを得ない事情もあります。なので固定レイアウトは手抜きだと一概に責める事は出来ません。

この固定レイアウトの本をKindle端末で表示すると、動作は遅く表示が少し薄くて見づらいというデメリットがあります。

それとは逆に、iPad mini であれば高スペックなため固定レイアウトでもサクサク表示でき、さらに基本的に固定レイアウトのものはカラー表示のものが多いため、カラーで楽しむことができます(Kindleは白黒表示)。また、固定レイアウトの本は基本的に容量が大きいため、大容量を選択できるiPad miniに向いています。

ではKindle Oasis と iPad mini どちらを購入すればいいのか比較していきましょう。

個人的な結論では、iPad mini を選択した方がよいと考えています。

理由は以下:

  • 画面サイズが7.9インチと、Oasis の7インチと比較して大きい
  • 読書以外のことが色々できる(ネット、ゲームなど)
  • 画面が非常に綺麗(広域色対応)
  • 思ったほど目は疲れない
  • 価格はKindle Oasis より約15,000円上乗せが必要だが、それに見合う価値が十分にある(比較したのは「Kindle Oasis 32GB Wi-Fi 広告なしモデル」と「iPad mini 64GB Wi-Fi モデル」 )

逆にiPad mini でのデメリットとしては、

  • 読書に集中したい時でも、ネットやゲームなどの誘惑が常につきまとう
  • Oasis と比較して、約100g重い
  • Oasis と比較して、約15,000円高い
端末画面サイズ容量重さ価格(税込)
Kindle Oasis7インチ32GB約200g34,980円
iPad mini7.9インチ64GB約300g49,464円

iPad mini は最近新型が発売されましたので、もしかするとKindle Oasis とiPad mini どちらを購入しようか悩んでいる人がいるかもしれません。そんな方にとって参考になればと思い記事にしたためました。

ただ、どうしてもKindle端末がいいというのであれば、まずはPaperwhiteを購入してみることをお勧めします。画面サイズは6インチとOasisと比較して小型ですが、正直、Kindle端末はPaperwhiteでも十分だと思います。

コメント