iOS 12.4 で実装されたiPhoneからiPhoneへの直接データ移行について

iOS
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

本日リリースされた iOS 12.4 に、PC不要で、Wi-Fiのローカルインターネット経由でiPhoneから別のiPhoneへ直接データ転送しての移行ができる機能が実装されました。

これにより、iCloudバックアップや iTunes を使ったバックアップがなくても旧iPhoneから新iPhoneへの移行作業が行えることになります。

そしてこの直接データ転送機能は、iTunesで暗号化したバックアップから復元するのと同じ機能になるとのことです。つまりほぼ完全なデータ移行ができることになります。

iCloudバックアップは主要なデータのみのバックアップでしたので、iCloudを利用した復元は心もとないものでした。そのためこの機能によってPCを持っていない、あるいはiTunesバックアップを使っていない人にとっては朗報だと思います。また、iTunesへのバックアップはかなりPCのディスク容量を使うので、PCを容量ギリギリで使っている人にとっても朗報ですね。

ただし気を付けたいのは、この機能を利用するためにはiPhoneが正常に利用できるときに限ります(当たり前ですが)。そのため、例えば落として破損し電源が入らなくなってしまったとか、水没して使えなくなってしまったiPhoneからは、この機能は使用できません。

なので、iTunesの暗号化機能を使った完全バックアップや、iCloudバックアップはまだまだ有効な手段です。何が起こるかわからないので、バックアップは定期的に取っておくことをおすすめします。個人的にはPCと接続してiTunesの暗号化機能を使った完全バックアップをおすすめします。

あともう一点気を付けていただきたいのは、機種変更時に今まで使っていたiPhoneをキャリアへ買い取ってもらう、あるいは返却するときです。ショップでこの対応をする場合、その場で今まで使っていたiPhoneのデータ完全削除を実施してから新しいiPhoneへの交換となるため、この直接データ転送方法は使えません。それとも今後はショップの店員さんがやってくれたりするようになるのですかね?(待ち時間が長くなりそうだけど)

そのためiPhoneの機種変更をするときは、ネット経由で新しいiPhoneを申し込み、自分で機種変更手続きを済ませる方法しかない気がします(この場合は後で旧iPhoneを返却すれば大丈夫)。この方法は今までショップでしか機種変更をしたことがない人にとっては少し敷居が高いかもしれませんね。

ちょくちょくと便利な機能がリリースされますね。次は iOS 13 ですか。

コメント