iPhone X はデザインや性能でもまだまだ現役で使える上級端末

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

私は iPhone X から、今年発売された iPhone 11 Pro Max に機種変更しました。

機種変更してからすでに1ヶ月以上過ぎましたが、非常に満足しております。Maxの大きさにも慣れました。そもそも iPhone X もこのくらいの大きさじゃなかったっけ、と思うくらいに慣れています(実際はだいぶ違いますよw)。

今回は iPhone 11 Pro Max のお話ではなく、iPhone X のお話です。

iPhone X は iPhone 11シリーズよりも2世代前の端末ですが、まだまだ現役で十分に使える端末です。それは性能はもちろんのこと、デザイン的にもまだまだ十分に洗練されているためです。

久々に純正ケースから取り出した iPhone X の写真を載せます(すでに返却して手元にはありません)。美しくないですか?久々に見惚れてしまいましたw

iPhone X は、Appleからの正規販売はとっくに終了していますが、まだキャリアからは購入できると思います。もちろん iPhone XS の方が性能はいいですが、iPhone X でも実はまだまだ十分な性能を誇っています。

初期の iPhone X にはNFCに問題があるため、Suicaを使った改札通過にはちょっとストレスが溜まりますが、現在販売されている iPhone X であればその問題は解消されているはずです(2018年4月以降に製造されていれば)。

なので、できるだけ iPhone を安く使いたい、でもそれなりの性能は欲しい、という方は、iPhone X を購入することを視野に入れてもいいと思います。指紋認証(Touch ID)の方が好みである方は iPhone 8シリーズをどうぞ。iPhone 8シリーズと iPhone X は同じCPU(A11 Bionic)を搭載しているので、基本性能は同じです。

今後も iPhone は新機種が発表される度に性能アップを図っていくのは間違いないですが、iPhone 7 あたりからスマホとしては十分な性能となってきています。そのため今後は買い替えサイクルの長期化や、1世代前の端末が安くなりそちらの方が売れるような現象が発生してくると思います。

最新世代の iPhone が欲しい気持ちはよーくわかりますが、1世代や2世代程度の型落ちのモノでも今は十分な性能がありますので、今後はそちらも視野に入れて少しでも安く使う方法を選ぶのもアリですよ。今の iPhone の性能はちょっと高スペック過ぎです。

コメント