iPhone X のカメラについて

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

今回はiPhone Xのカメラについてです。

私はカメラには全くと言っていいほど詳しくありません。しかしながら、iPhone Xで撮影した写真を見る限り、コンデジはもう必要ないのでは、と思ってしまいます。

一眼は別だと思いますが。

カメラに詳しくないということもあり、レンズや写真などのウンチクなどは書けないため、実際にiPhone Xで撮った写真を載せていきます。

まずは、日中に太陽光の下で撮影した桜の写真です。

とても綺麗に撮れていると思います。

次にポートレートモードで撮った写真です。上がポートレートの元写真で、下がポートレートに加工された写真です。

ポートレートで撮ると一気に立体感が増す感じがします。まるで一眼で撮ったかのようですが、これはソフトウェア処理をして擬似的に周りをボカしているものです。

これを見ると、写真にこだわらない人であれば一眼すら不要なのではと思ってしまいます。

ただし、iPhone XやPlusのポートレートモードで写真を撮るのは結構難しいです。被写体との距離がある決まった範囲に入らないといけないし、ソフトウェア処理をしてボカしているので、変なとこがボケたりすることがよくあります。

うまく撮れれば、素晴らしい写真となってくれるのですけれどもね。

次に、夜にライトアップされているものを撮った写真を載せます。

どうですか?これらはモスクワで撮ったものですが、夜でも十分に綺麗な写真が撮れていると思います(上二枚はクレムリン、赤の広場)。

普通に写真を撮れればいいという人は、iPhoneで十分ではないでしょうか。

写真にこだわりたい、という人は別途カメラを購入すべきでしょう。実際に一眼レフで撮った写真を見ると、さすがにスマホでこれは撮れないな、という写真がたくさんありますからね。ため息が出てしまうような写真もあります。

今後もスマホが一眼レフを超えるということはないと思いますが、お手軽に綺麗な写真を撮りたいのであれば、すでにiPhoneで十分な時代となっています。

スマホのカメラは進化し続けると思うので、今後どこまで進化するのか楽しみですね。

ところで、携帯にカメラ機能を付けることを考えたのは、確か日本が最初ですよね。記憶が確かならば、当時Jフォン(現ソフトバンク)のシャープの携帯だったと思います。

スマホなんかニッチだ!と、iPhoneが出た当時は時代に乗り遅れてしまった日本ですが、このように一番乗りできるようなクリエイティブさや技術力は持っているはず。

日本は衰退の一歩だ、と嘆く記事は最近よく見ますが、私はまだまだ日本には期待をしていますよ。

コメント