低電力モードでのベンチマーク結果(iPhone 11 Pro Max)

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

低電力モードって知っていますか?

一部の機能に制限をかけることによって、バッテリーライフを伸ばす機能です。この機能をオンにすると機能の制限がかかるだけでなく、CPUの性能も落とすことによりバッテリーの持続時間を伸ばします。

さて、実際にどの程度CPUの性能が落ちるのか、いつもの Geekbench 4/5 と AnTuTu を使って測定してみました。

ベンチマークソフト測定単位通常モード低電力モードiPhone 7
Geekbench 4シングルコアスコア547134993407
マルチコアスコア1381559125738
Geekbench 5シングルコアスコア1333783746
マルチコアスコア347914511331
AnTuTu452497299783約180000

結果は iPhone 7 とほぼ同等か少し上です(AnTuTuでは圧倒的に上)。

つまり iPhone 11 Pro Max は、低電力モードでも iPhone 7 と同等かそれ以上の性能で使えるということです。バッテリーをできるだけ長く使いたいという方は、ずっと低電力モードでもいいと言える結果です。

機能が一部制限されますが、例えばメールの自動受信オフ、アプリの自動更新オフ、一部のビジュアルエフェクトが制限される、iCloudフォトライブラリが一時停止するなど、そこまで大きな機能が制限されるわけではないので、常に低電力モードというのもアリだと思います。

そもそも iPhone 11 Pro Max は通常使いでもバッテリー持ちが素晴らしいのに、低電力モードで使ったらどのくらい使えるのですかね?誰か検証してくれませんかね〜。

Geekbench 4

Geekbench 5

AnTuTu

コメント