iOS 14.5 のバッテリーの状態報告の再調整について

iOS

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

iPhone 11 シリーズ、つまり、iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max の3機種については、バッテリー状態の予測精度に問題があり、iOS 14.5 にすることで調整が入ります。

調整が入るのは、バッテリーの最大容量や、ピークパフォーマンス性能です。

この問題においては、バッテリーの消耗が想定外に速いという症状があり、ピークパフォーマンス性能が低下するという症状もわずかながら報告されているとのことです。

ただし、これはバッテリーそのものに問題があるわけではなく、バッテリーの状態報告が精度を欠いているだけとのこと。

この調整が完了すると、最大容量(%)とピークパフォーマンス性能が更新されるようですが、私の iPhone 11 Pro Max は以下の画像のようにまだ調整中です。

この処理には数週間かかる場合があるとのことですが、iOS 14.5にしてからすでに2週間以上経っているのでそろそろ終わって欲しいのですがw

調整完了後、どのようになるのかはまた記事にしたいと思います。

iOS 14.5 のバッテリーの状態報告の再調整について - Apple サポート (日本)
iPhone のバッテリーの状態報告システムの再調整についてご説明します。

コメント