2021年発売予定の iPhone 12s は、個人的には当たりかもしれない

iPhone
スポンサーリンク

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

2021年発売予定の iPhone は、iPhone 13 ではなく、iPhone 12s になりそうです。

理由は、Apple製品をリークする人(リーカー)が、こぞってそのように言っているからです。基本的に、最近の iPhone のリーク情報は非常に精度がいいので、おそらくその通りになると思っています。

iPhone 12s の現状のリーク情報をまとめますと、

  • ノッチの小型化(横幅が小さくなるのではなく、高さが縮むらしい)
  • Touch ID 、すなわち指紋認証の復活(画面内埋め込み式)
  • 超広角カメラがより明るくなる
  • 全てのモデルに LiDAR 搭載(どんどん無印とProとの差がなくなっていく。。。)
  • リフレッシュレート120Hz対応のディスプレイ(Proモデルのみ)
  • サイズやデザインは iPhone 12 と変わらず

今のところ、こんなところですかね。

個人的には、ノッチの高さが縮むこと、Touch ID の復活は嬉しいですね。このコロナ禍で Face ID しかないのは非常に面倒ですし(マスクずらすことによる感染リスクもあるっちゃありますし)。

リフレッシュレートが120Hz対応というのは、個人的にはどちらでもいいです。より滑らかに動作するのはいいですが、それに伴い間違いなくバッテリー消費は増えると思いますので、どちらかというとバッテリー持ちを重視して欲しい。今の60Hzのリフレッシュレートで何ら問題ないし。

今までの”s”が付いた機種は個人的には神機種だと思っています。iPhone 4s / 5s / 6s /Xs、どれも素晴らしかったですね。iPhone 12s はそれらに仲間入りできるレベルのものになるんじゃないかと思っています。

これからさらにリーク合戦が過熱していきますので、発売日まで楽しみにしましょう。

コメント